海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『パシフィック・リム:アップライジング』新たなるヒーローの誕生!主人公ジェイクの魅力溢れる特別映像到着!

『パシフィック・リム:アップライジング』

イェーガー・パイロットとして世界を救うことができるのか?
(c) Legendary Pictures/Universal Pictures.

日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日に日本公開となった。この度、新たなるヒーローの誕生!大注目俳優、ジョン・ボイエガ演じる主人公ジェイクの魅力溢れる特別映像が到着!

前作で描かれた人類(イェーガー)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!先日、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、スティーヴン・S・デナイト監督の3名が来日を果たし、菊地凛子、新田真剣佑の日本人キャストも駆け付け東京ミッドタウン日比谷で初の映画イベントとなるジャパンプレミアが華々しく開催され大きな注目を集めた、2018年・春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

環太平洋を激震させた、KAIJU群との“戦争”から10年。亡き英雄ペントコストの遺児であり、イェーガー・パイロットとしての高い資質を持ちながらもパイロット育成訓練施設PPDCを一度は去ったジェイク・ペントコスト。ボイエガは自身が演じたジェイクについて「僕が演じたジェイクは自らの潜在能力を否定する。戦いの意味を忘れるんだ」と説明する。そんな彼が再び戦地に戻り、偉大な父を超えようともがきながらも成長していく様も見どころのひとつとなる本作。ボイエガは役つくりについて「ジェイクの自信を表現したかった。それと同時に反抗心も。ペントコストの息子だから存在感が大きいんだ」と振り返る。「スリリングでワクワクする物語だ」と自信たっぷりに語るボイエガだが、果たしてジェイク・ペントコストは、本作において新たな英雄となり得るのか?本映像ではジェイクの堂々たる戦いぶりが確認できることからも、その活躍に期待せずにはいられないはず!

デナイト監督はボイエガが主演を務めることについて、非常に興奮したそうで「ジョンはヒーローを演じるのが得意だけど、アンチヒーローも同時に演じることができる。本作の冒頭でジェイクは泥棒だけど、最終的には世界を救うヒーローに成長する。ジェイクのような役に必要な全ての要素を兼ね備えているんだ。彼はチャーミングで、頭が良くて、面白い。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズのようなクオリティーをこの役にもたらしてくれた」と大絶賛!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)で一躍スターとなってからは、次に出演する作品では演技以外のことにも挑戦したいと考え、本作では現場プロデューサーとしても作品に関わっているボイエガ。今後、役者としても、プロデューサーとしてもさらなる飛躍が待ち望まれる、ボイエガの活躍にも注目したい。

■『パシフィック・リム:アップライジング』
2018年4月13日 日本公開
配給:東宝東和 
(c) Legendary Pictures/Universal Pictures.

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)