海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『トゥームレイダー ファースト・ミッション』に次ぐ!2018年アドベンチャー大作特集!

『トゥームレイダー ファースト・ミッション』

2018年3月21日に全国公開となる『トゥームレイダー ファースト・ミッション』
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

人気映画『トゥームレイダー』のリブート版として、アリシア・ヴィキャンデルが主演を務める『トゥームレイダー ファースト・ミッション』が2018年3月21日に全国公開となる。2018年は、15年の時を経て再始動した本作のほか、大人気の洋画大作シリーズが目白押し!今回は、2018年公開の洋画のアドベンチャー大作をまとめてご紹介!

■『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』(4月6公開)
ジャングルを舞台にした迫力満点の映像に、ドキドキ、ハラハラが止まらない!
1995年製作の大ヒット作『ジュマンジ』のリブート版で、『バッド・ティーチャー』のジェイク・カスダンがメガホンをとる。高校の地下室で居残りをさせられていた4人の生徒たちは、“ジュマンジ”というソフトが入った古いテレビゲーム機を発見。早速そのゲームで遊ぼうとする4人だが、キャラクターを選択した途端にゲームの中に吸い込まれ、各キャラクターのアバターとなって危険なジャングルの中に放り込まれてしまう。マッチョな冒険家やぽっちゃりオヤジなど本来の姿とかけ離れた姿に変身した彼らは、ゲームをクリアして現実世界に戻るため、それぞれ与えられたスキルを使って難攻不落のステージに挑む!『ワイルド・スピード』シリーズのロック様ことドウェイン・ジョンソンが主演を務め、共演に『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギラン。ジャングルを舞台にした迫力満点の映像や、ロック様が繰り出すアクションなど、前作をはるかにしのぐハラハラ感が味わえるはず!

■『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日公開)
シリーズ史上最多の恐竜、最大級のスケールで描くアクション、スリル、サスペンス要素満載の映像は必見!
『ジュラシック・パーク』シリーズを復活させ、2015年の日本興収第1位となった『ジュラシック・ワールド』の続編『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。前作で、新種の恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ、崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>。それから3年、放置された島では火山が活動し、多くの恐竜が命の危機に。恐竜たちを救おうと、クリス・プラット演じる恐竜行動学のエキスパートである主人公オーウェンらは、この超危険地帯となった島へと降り立つが……。彼らが島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける。シリーズ史上最多の恐竜、そして最大級のスケールで描く、アクション、スリル、サスペンス要素満載の映像に期待が高まる!

■『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年、冬公開)
エディ・レッドメイン演じる魔法使いニュートの新たな冒険に、ワクワクが止まらない!
世界中で約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒット。まるで魔法のような“ファンタビ”現象を巻き起こした『ハリー・ポッター』新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。昨年11月にエディ・レッドメイン演じる主人公の魔法使いニュートら、主要キャストのファーストルックが全世界一斉解禁となると、世界中のファンタビファンたちが歓喜の声を上げた。魔法使いニュートの新たな冒険には、あのダンブルドア先生にジュード・ロウ、たくさんの魔法動物たち、そして巨大な敵グリンデルバルドにジョニー・デップが!ファンタビワールドもキャストもさらにパワーUPしており、新たな魔法に、ワクワクが止まらない!

このように、2018年は大人気洋画大作シリーズが続々と公開。ワクワクが止まらない2018年、まずは『トゥームレイダー ファースト・ミッション』を劇場の大迫力のスクリーンで観賞し、ドキドキの映画アドベンチャーに備えてみてはいかがだろうか。

■『トゥームレイダー ファースト・ミッション』
配給:ワーナー・ブラザース映画 
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)