海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

英国アカデミー賞BAFTA開催!最多を獲得したのはあの作品!BAFTAsまとめ

英国アカデミー賞

現地時間18日に行われた英国アカデミー賞の受賞者出演者の集合写真
Instagramより

現地時間18日に行われた英国アカデミー賞。イギリスでもっとも大きく、そして映画産業に大きな影響をもたらす賞として知られている。BAFTAとはイギリスの映画産業従事者らの団体の総称のことで、「幸運」という意味を持ち合わせる。そのため英国アカデミー賞は別名BAFTA賞と呼ばれている。今回は先日おこなわれたBAFTA賞の受賞した作品、パフォーマンスなど、盛りだくさんであった映画祭の内容をご紹介!

あの作品が最多5部門受賞!混戦の授賞式!
英国アカデミー賞の結果は3月4日に行われるアカデミー賞にも大きく影響する。つまり、英国アカデミーを制する作品はアカデミー賞でも多くの賞を受賞するのではないかと言われている。その中で今回最多5部門の受賞となったのが、『スリー・ビルボード』(現在日本公開中)。主演女優賞、助演男優賞、脚本賞、英国作品賞、そして作品賞を受賞した。まさに総なめとも言われている結果であるが、監督賞には『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018年3月1日日本公開)のギレルモ・デルトロが受賞。この2作品がアカデミー賞では作品賞を取り合う大本命になるのではないかとされている。
この他主演男優賞には、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2018年3月30日日本公開)のゲイリー・オールドマン。助演女優賞には、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018年5月4日日本公開)のアリソン・ジャーニーとなった。

世界を魅了した美しきパフォーマンス
受賞式だけではなく、ノミネート作品に因んだショーも行われた。今回は世界的エンターテイメント集団シルクドソレイユによって、監督賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』の世界を再現した空中パフォーマンスが行われた。映画のキャラクターの姿をした男女が空中から吊るされた、たった二本の布の綱にぶら下がり、自由に会場の頭上を舞う。会場全体の青い照明もよりその世界観に引き込れ、まるで会場が深海の世界であるかのように錯覚する。その美しいパフォーマンスに、『シェイプ・オブ・ウォーター』で半漁人に恋する女性を演じたサリー・ホーキンスもうっとり空中を見上げ、その世界観に浸っていた。

ノミネート人だけではない!豪華なプレゼンターにも注目!
やはり大きな映画祭の魅力の一つは、豪華セレブのプレゼンターである。まず「キングスマン」シリーズで大ブレイクしたタロン・エガートンと「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」シリーズや、大人気BBCドラマ『ドクター・フー』などに出演するカレン・ギランが二人仲良く登場。ヒールのせいかタロンよりずいぶん高いカレンが、タロンの肩に顔を近づけるなど、そのかわいいらしい二人のプレゼンにネット上では、「姉弟みたい!かわいい」と話題になった。作品賞発表には、「007」シリーズのジェイムズ・ボンドで知られるダニエル・クレイグ。その他のプレゼンターには、ナオミ・ハリス、オーランド・ブルーム、ジェニファー・ローレンスなどの映画界で活躍するセレブ達が勤め上げたた。

今年も大きな盛り上がりを見せた英国アカデミー賞BAFTA。この受賞の結果をふまえ、さらに来月のアカデミー賞が待ち遠しい。

文:栗林 麻純

PICKUPオススメ情報(PR)