海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『パディントン2』サリー・ホーキンス他、今冬話題作に“賞レース級”実力派女優が集結!

『パディントン2』

『パディントン2』でのサリー・ホーキンス
(c) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

『パディントン2』(2018年1月19日日本公開)を始め、今冬の話題作にはゴールデングローブ賞主演女優賞にもノミネートされるなど、賞レースを賑わす実力派女優たちが集結!そんな個性豊かな女優陣が出演する、今冬の話題作をチェック。

■サリー・ホーキンス/『パディントン2』(2018年1月19日日本公開)
人間とモンスターの恋を描いた『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018年3月1日日本公開)では、第75回ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされるなど、今映画界から熱視線を浴びている実力派女優サリー・ホーキンス。『パディントン2』では、ロンドン映画批評家協会賞で英国女優賞にもノミネートされており、今、数々の“賞レース”を賑わせる存在だ。本作でサリー演じるのは、冒険物語のさし絵画家のブラウン夫人。パディントン駅で偶然出会った初対面のパディントンに対しても、自宅に泊まっていくよう薦める心優しい性格の持ち主で、パディントンにとっては“ロンドンのお母さん”といった存在だ。また、想像力が豊かで好奇心旺盛な一面もあり、パディントンが絵本を盗んだ容疑者として逮捕されてしまった際にも、時折コミカルなやり取りを見せながら独自の視点で真犯人探しに貢献!サリーも「ブラウン一家は最高のチームよ。愛する人が危険にさらされている時、人は何でもできるはず。限界なんてないわ!この映画お一番の大切なテーマは、そこにあると思う」と語る言葉通り、ブラウン一家がパディントンを本当の家族同然のように大切に想う気持ちには、最後はきっと涙してしまうはず!

■ミシェル・ウィリアムズ/『グレイテスト・ショーマン』(2018年2月16日公開)
14歳でスクリーンデビューを果たすと、アン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』(05)でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、一躍有名となったミシェル・ウィリアムズ。プラチナブロンドのショートヘアに可憐な顔立ちで、『ルイ・ヴィトン』のキャンペーンモデルにも起用されるなど、ファッション業界からも熱視線を集める彼女だが、『ラ・ラ・ランド』製作チームが集結した話題作『グレイテスト・ショーマン』にも出演!ドラマティックな人生を描いた物語の展開はもちろんのこと、波乱な道を行くバーナムを陰ながら支える妻・チャリティ演じるミシェルの姿にも目が離せそうもない。

■メリル・ストリープ/『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2018年3月30日公開)
アカデミー賞で、自身が持つ俳優部門の最多ノミネート記録を保持し続ける、アメリカを代表する大女優の一人、メリル・ストリープ。そんなアカデミー賞の常連である彼女が、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、トム・ハンクスと初共演を果たした話題作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が、来年3月に日本公開となる。本作は、ベトナム戦争が泥沼化していた1971年当時、政府がひた隠す真実を明らかにするために立ち上がった実在の人物たちを描いた作品だ。本格的社会派ドラマで、メリルはアメリカ発の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム役を熱演。真実を世に出すため奮闘する彼女の迫真の演技は、一見の価値あり!

実力派女優も集結する、2018年注目の話題作に

■『パディントン2』
2018年1月19日(金) 全国ロードショー
(c) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)