海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ウィル・スミス14度目の来日、極寒でも超ハイテンション!「日本にまた来れて本当に嬉しいよ!」

『ブライト』

六本木ヒルズアリーナで開催された『ブライト』ジャパンプレミア
Netflixオリジナル映画『ブライト』 12月22日全世界同時オンラインストリーミング

Netflixオリジナル映画『ブライト』のPRの為、14度目の来日となるウィル・スミス他豪華キャスト・スタッフ陣が来日し、ジャパンプレミアが開催された。

ジャパンプレミアには、本作の主演であるウィル・スミス、相棒役のジョエル・エドガートン、 敵役のエルフを演じたノオミ・ラパス、メガホンをとったデヴィッド・エアー監督、プロデューサーを務めたエリック・ニューマンとブライ アン・アンケレスの6名が登場。

今回のプレミアにアジアからも多くのメディアが駆け付け、世界中から注目されている事について監督は「今回、Netflixでアジアに来ることが出来て本当に嬉しく思います。実は、軍人の頃、日本に暮らしていたことがあるんです。日本は大好きな国ですし、世界中が本作に注目してくれていてとっても嬉しく思います」と感謝の気持ちを述べた。続けて、ワールドツアーの最後の地である日本に来た感想を聞かれたノオミが「今回、日本に来るのは初めてで、このメンバーと初来日できてとても嬉しいです。本当に素晴らしい作品なので、是非みなさんに楽しんでいただきいと思っています」と笑顔で答えた。また、ジョエルも来日の感想を聞かれ、「僕もずっと日本に来たくて、今回が初来日になります。日本に住んでいたり、日本人の血が流れている身内もいるので、やっと来れた事にとても興奮しています」と初来日の喜びを語った。

親日家として知られるウィルは「最高の地である日本に来るのを最後に残していたんです。とても興奮しています!はやくこの寒さから皆さんを解放させてあげたい(笑)」と集まったファンを気遣う優しさをみせながら、14度目となる来日の感想を語った。最後にウィルが配信を楽しみにしているファンへ向けて「本当にありがとうございました。この寒さの中、たくさんの方に来ていただけて本当に嬉しく思います。Netflixにて12月22日より配信になる『ブライト』をよろしくお願いします!ドウモアリガトウ!」と満面の笑みでメッセージを送り、ジャパンプレミアは終了した。

■Netflixオリジナル映画『ブライト』
12月22日全世界同時オンラインストリーミング

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)