海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ザック・エフロン、新作でのゼンデイヤとのキスが「今までで一番お気に入り」

ザック・エフロンとゼンデイヤ

新作で共演したザック・エフロンとゼンデイヤ
(c)Imagecollect.

俳優のザック・エフロンが、新作ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』(2018年2月16日日本公開)で共演した女優のゼンデイヤとのキスシーンについて語った。

この映画は有名なサーカス「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」の前身を作ったP・T・バーナムを描いた作品で、ショービジネスの概念を生み出したバーナムをヒュー・ジャックマンが演じている。

ザックとゼンデイヤは同映画でパフォーマーを演じており、ノルウェーの「FILMWEB TV」でインタビューワーにYou Tubeにはザックのキスシーンがすべて集められた動画あると教えられた。ゼンデイヤはザックとのキスシーンについて「彼らはずっと、触ったり、話したり、お互いの瞬間を持つことができなかったわ。だから、すべての瞬間、彼らが触っている時だけでも、とても、とても、すごくスペシャルなの。ただのキスじゃないわ。キャラクターにとって大きなことよ。だから、違うの。私たちは自分自身をなくし、2人のキャラクターになろうとしたわ。それが彼らの瞬間なの」と明かした。

そして、ザックは続けて、「たぶん、今回の作品が僕の一番お気に入りのキスだよ。これまででね」「その時(キス)までにこのキャラクターたちは、すごく作られていて、2人の間の緊張はとても強くなっているんだよ。本当に。彼らがちらっと見るだけでも衝撃的なんだ」「ようやく、彼らが繋がる瞬間の勇気を持つことができ、キスできた時が、最高のミュージカルの瞬間なんだよ」と説明している。

2人のキスシーンは観客にも想いが伝わるほど感情的になっているだろう。公開がさらに待ち遠しい。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)