海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レッドカーペットイベント開催!会場が赤いフォースに包まれる

スターウォーズ

レッドカーペットイベントに参加したスターウォーズ御一行
(c) Hollywoodnews

世界中から愛される映画『スター・ウォーズ』の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日日本公開)レッドカーペットイベントが7日に六本木アリーナで行われた。

イベントには俳優のマーク・ハミル、アダム・ドライヴァー、監督のライアン・ジョンソン、プロデューサーのラム・バーグマン、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディが登壇。ひとりひとり車に乗って会場に現れると、ファンからの大きな歓声に手を振りながら、レットカーペットを練り歩いた。丁寧にサインをしたり、写真を撮ったりと、ファンサービスをした御一行。その中でも特にマーク・ハミルはテレビ局の取材中にも、ファンに手を振ったり、笑顔を見せるなど、スペシャルファンサービス。

マークは日本について「僕は高校生の2年間を日本で過ごしたんだよ。日本は自分にとって特別で第二の故郷みたいな感じなんだ。日本のファンはどの国のファンよりも熱心に支えてくれて本当にありがとう」と語り、ファンへ感謝の気持ちを述べた。また日本に住んでいた頃にもし日本語が堪能だったらそのまま日本で俳優活動したかったなど、日本への愛を見せた。またルークが島に住んでいるのは、カイロ・レンに関係があるのかというストーリーに迫った質問に、マークは「内容の詳細についてはあまり語れないけど、一周間足らずで君たちは最大の謎を知ることになる訳だけど、カイロ・レンは自分にとって可愛い甥だったが、成長するにつれて問題が生じて離れていくことになるんだ」と濁しながらもコメント。カイロ・レンを演じるアダムは「衝撃的な展開である必要があるかないかはわからないよ。カイロが光になるのか闇に落ちるのかは曖昧なんだ。けどその曖昧さが監督の良さを表してる訳でもあるんだ」と真剣な面持ちでストーリーの展開について明かした。

また作品のヒントをくださいというお願いにライアン監督は「希望は常にあるものだよ。潰されかかったとしても最初から希望はあるものだよ。私たちは僕が小さい時から大好きだったルークのように、希望は手放しては駄目なんだ」と語るも、会場がファン達のペンライトで赤く染まっていることに対し「ちょっと皆ダークサイドに落ちすぎじゃない!?」と笑いながらも動揺していた。

世界が期待する映画『スター・ウォーズ』の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』!また知られざる謎とは。残された道は光か闇か…。待望の公開まであと少し!!!!乞うご期待!!!

■『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2017年12月15日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c) 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

文:園 しなこ

PICKUPオススメ情報(PR)