海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ミシェル・ロドリゲスのアニキ的魅力炸裂!『レディ・ガイ』

レディ・ガイ

殺し屋が女に性転換!『レディ・ガイ』
(c) 2016 SBS FILMS All Rights Reserved

『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス主演の映画『レディ・ガイ』。『ストリート・オブ・ファイアー』(84)や『48時間』(90)など、これまで熱き男たちのハードな物語を描いてきた監督ウォルター・ヒルが、ハリウッド随一の男前女優ミシェル・ロドリゲスとタッグを組んだアクション・クライム・スリラーをご紹介しよう。

■奇抜すぎるストーリー
主人公は凄腕の殺し屋フランク・キッチンは日々殺人を請負い、女を貪る生活を送っていた。しかしある日、これまでの悪行がたたりマフィアに拉致されてしまう。薄汚い安ホテルで目が覚めると、フランクはなんと性転換手術が施され女性の身体へ変えられていた。枕元にはテープレコーダーがあり、自分は手術をした医者で、これはフランクへの復讐を意味しているという見知らぬ女からのメッセージが。ここから自分をこんな目に合わせた者たちへのフランクの復讐劇が始まるのだ。

■男前女優ミシェル・ロドリゲスの魅力炸裂!
女性に変えられてしまうフランクを演じているのはミシェル・ロドリゲス。ミシェルと言えば、映画『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼル演じるドムのタフなガールフレンド、レティがすぐに思い当たるところ。彼女が初めて注目を集めることとなった『ガールファイト』(00)では、ボクシングに生きがいを見出す少女を演じてインディペンデント映画に贈られるゴッサムアワードを受賞。そして人気ドラマ「LOST」では元ロサンゼルス市警の警察官アナ=ルシア・コルテスを演じ、SAGアワードを受賞している。『バイオ・ハザード』シリーズ、『マチェーテ』シリーズ、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(11)ではどれも強い女性をタフに演じ、ファンからは兄貴と慕われている当代きっての男前女優だ。その人気と実力で2013年には「ハリウッドにおいて最も目立つラテン系女優であるとともに、アクションのジャンルで最も象徴的な女優であることは間違いない」と「エンターテインメント・ウィークリー」誌で賞賛されている。

■フランクを性転換前から熱演!
またミシェルはプライベートでも大変モテモテ。バイセクシャルであると公表している彼女はこれまで、ザック・エフロンやカーラ・デルヴィーニュなど名だたるセレブと男女問わずウワサになっている。そんなミシェルは本作のフランクを、手術前の男性の身体の時点から、鍛え上げられたボディと凄みのある声で意欲的に演じている。豊かな胸をガムテープで押さえつけ、銃を手に復讐を誓うフランク。手術後のフランクを匿うナースのジョニーとのラブシーンは、男性俳優顔負けのセクシーさだ。

■狂気のドクターにシガニー・ウィーバー
フランクが復讐を誓う医師レイチェル・ジェーンには『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバー。恨みとも狂気とも取れない、底知れぬキャラクターをさすがの存在感で演じている。そんな迫力のシガニー・ウィーバーとタフなミシェル・ロドリゲスの対決はハリウッド最強女優頂上決戦とも称されている。

意思に反し女性に変えられたフランクは、果たして復讐をとげて男に戻ることはできるのか?それとも女医の言う通り、フランクは女性として新たに人生をやり直すことになるのか?ミシェル・ロドリゲスの意欲的な演技とともに見届けてほしい。

■『レディ・ガイ』 ※ R15+指定作品
2018年1月6日(土) 新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
(c) 2016 SBS FILMS All Rights Reserved

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)