海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、マーク・ハミルらキャスト陣の来日決定!!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

来日が決定したアダム・ドライバー、デイジー・リドリー、マーク・ハミル
(c) 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日日本公開)より、ライアン・ジョンソン監督をはじめ、レイ役のデイジー・リドリーとカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そして伝説のジェダイを演じるマーク・ハミルの来日が決定した。

マーク・ハミルが『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカーとして来日するのは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以来、39年ぶり。(映画のプロモーション以外では、2008年に「スター・ウォーズ セレブレーション・ジャパン」で来日)。そしてライアン・ジョンソン監督は『スター・ウォーズ』の新たなる3部作の監督と脚本を務めることが発表されたばかり。今後ますます進化していく『スター・ウォーズ』を担っていく存在なのは間違いないだろう。彼らはレッド・カーペットイベントや特別映像上映会イベントなど、直接日本のファンと交流する機会があるほか記者会見も予定している。

さらにルークを演じるマーク・ハミルから日本のファンに向けた特別メッセージと新シーンが見られる特別映像も公開された。マークは来日することについて「東京でお会いするのを楽しみにしています。フォースとともにあらんことを。アリガトウゴザイマス」と喜びの熱いメッセージを寄せた。

そして併せて解禁となった新映像では新しいシーンも映されている。惑星オクトーに隠れていたルークだが、ついにミレニアム・ファルコン号に乗り込む姿があり、レイあるいはチューバッカやポーグとどこかへ向かうのだろうか。そんなミレニアム・ファルコン号が地上から飛び出してくる様子もあり、ルークはレイやレイアらとジェダイとしてカイロ・レンらファースト・オーダーとの戦いに参加するのかもしれない。だが、倒れているルークに対しライトセーバーを振りかざす“衝撃”のレイの姿も…。

すでに解禁となっている日本版予告編では、困惑するレイにカイロ・レンが手を差し出すようなシーンもあったが、レイはダークサイドに落ちてしまうのか?光と闇に揺れ動くレイ、カイロ・レン、そしてルークの運命は?期待が膨らむ新映像となっている。

■『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2017年12月15日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c) 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)