海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『リメンバー・ミー』USプレミアに『アナ雪』エルサ役のイディナ・メンゼルらキャスト登場!

『リメンバー・ミー』

リー・アンクリッチ監督&ジョン・ラセターらが登場したワールドプレミア
(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(c)2017 Disney. All Rights Reserved.

陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険を描くピクサー最新作『リメンバー・ミー』(2018年3月16日日本公開)に先駆け、現地時間8日にUSプレミアが開催され、同時上映『アナ雪』からエルサ役イディナ・メンゼルら豪華キャストが集結した。

ロサンゼルスのハリウッドにあるエル・キャピタン・シアターのカーペットに現れた製作総指揮のジョン・ラセターは、劇中と同じカラフルなガイコツやギター柄のオリジナルアロハシャツで登場。さらに『リメンバー・ミー』と同時公開となる『アナと雪の女王』のその後を描いた22分の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』から、日本でも大人気のエルサ役を演じたイディナ・メンゼルが、銀色のスパンコールをあしらった美しいミニドレスで登場!そしてクリストフ役のジョナサン・グロフも駆けつけた。

本作はピクサー作品で初めて“音楽”をテーマにした作品で、ジョンは「劇中の曲『リメンバー・ミー』はとても特別な曲なんだ」と、とても強い思いがあることを明かした。

楽曲「リメンバー・ミー」は「レット・イット・ゴー」を作詞作曲したクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス夫妻が手がけた新曲。ラセターは本作で「家族の大切さを描いている。今いる家族だけでなく、先祖のことも含めた世代を超えた家族についてのことをね」と物語の核心に迫っている。「日本でもどの国でも家族はとても大切な存在なんだ。この映画の素晴らしいところは、家族の記憶を残していきたいと思わせてくれるところなんだ。だから僕も妻と一緒に、家族の思い出をしっかりと覚えているようにしているんだ。次世代にもそれが続くように祈っているし、だからこそこの映画は特別なんだ」と、自身の家族と重ねて語った。さらに「ユーモアと美しさがあり、特別な音楽もある唯一のピクサー作品だから、絶対に気に入ってもらえると思うよ」と自信たっぷりの様子。

世界中で“リメンバー・ミー”現象が巻き起こることが期待される!

■『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
2018年3月16日(金) 全国ロードショー
配給表記:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(c)2017 Disney. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)