海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、原作者スティーヴン・キングの絶賛コメント映像解禁!

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

11月3日より公開の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スティーヴン・キングの傑作ホラーの映画化『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(11月3日日本公開)より、本作をスティーヴン・キングが自身の原作ファンも楽しめるとコメントする特別映像が到着した。

本映像冒頭では、「子供の頃は、世界は自分を中心に回っていると思い込んでいる。でもある日気づくんだ。そうではないことにね」というナレーションから始まり、本作のメガホンをとったアンディ・ムスキエティ監督が「子供達はある恐ろしい事実を知ることとなる」と続ける。

本作の舞台となるデリーという町は殺人や不明者の数が平均の6倍だそうで、原作者のスティーヴン・キングは「”それ”は27年ごとに戻ってくる。その度に子供が失踪する」と、町で起こる不気味な事件が“それ”が原因であることをほのめかし、主人公・ビルを演じたジェイデン・リーバハーは「デリーで起きている殺人事件、つまり子供たちの失踪はすべてつながっている。子供達はその恐怖を乗り越える。仲間がいるからできること」と、仲間がいることで恐怖である“それ”に立ち向かっていくことが出来ると力を込めて語る。

そんな子供たちが“それ”に果敢に立ち向かっていく本作の出来栄えに原作者のスティーヴン・キングは「期待以上の出来栄えに驚いた。原作ファンもきっと楽しめると確信している」と太鼓判を押しており、果たして子供たちはどのように“それ”に立ち向かっていくのか?!ストーリーの結末とは!?

■『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
2017年11月3日(金・祝) 丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)