海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

映画『ドクター・エクソシスト』のキーア・オドネル&エミリー・ジャクソンに注目 !

『ドクター・エクソシスト』

11月25日より公開となる『ドクター・エクソシスト』
(c) 2016 Incarnate Productions, LLC. All Rights Reserved.

ハリウッド産の新たなるエクソシスト映画『ドクター・エクソシスト』が11月25日(土)より公開となる。本作では、宗教ではなく科学で悪魔払いをする車椅子のヒーローを『ダークナイト』のアーロン・エッカート、共演者には新旧豪華キャストが出演している。

今回注目してもらいたいのが、キャメロンの心の奥深くを探るエンバーをサポートする2人のクセ者アシスタント・オリヴァーとライリー。アーロンが演じたエンバーは深くまで潜るスキューバダイバーのようなもので、2人はその様子を岸でモニターし、十分な酸素があるかチェックする役回りである。

TVシリーズ「FARGO/ファーゴ2」、「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」、「Sun Records」 や映画『猿の惑星:新世紀』、『アメリカン・スナイパー』などの作品にも出演しているキーア・オドネル。彼が演じるオリヴァーは、エンバーが被害者の潜在意識に潜るたびに、彼の生命兆候をモニターする元医大生。「オリヴァーは見た目はタフ、でも中身はテディベアみたいなやつなんだ」と監督のオドネルは言う。そしてエンバーをサポートするもう1人が、エミリー・ジャクソンが演じるライリー。ライリーは、エンバーの右腕でコンピューターが専門の女性アシスタントだ。「ホラー映画とSFが大好きなの。『ドクター・エクソシスト』は、その2つがユニークな形で合体していて、私にはぴったりな作品ね」とジャクソンは語る。2015 年作の新感覚スリラー「Living with the Dead」で、憂鬱な逃亡者を演じたジャクソンは、ハッカーをめぐる映画では、オタクキャラばかりが幅をきかせているのを見てきた。「私は、悪魔に憑かれた被害者の脳波から得る科学的データ、数字、周波数を監視する」と彼女は言う。「私たちは悪魔のオーラで追跡し、考案したこのプログラムを使う。MRIのような装置で、超常現象と人の魂のデータを画面で見るとこと ができる。このシステムをエンバーに接続し、彼は人の潜在意識に飛び込んで悪魔を追い払うの」と語るジャクソン。

悪霊マギーによって、過去に愛する妻と娘を殺され、自身も車いすを余儀なくされてしまったエンバーを支えるくせ者アシスタント・オリヴァーとライリーを演じる2人は、『ドクター・エクソシスト』出演後もそれぞれ最新作が続々公開予定。映画のストーリーに深みと面白みを与えているこの2人の今後の活躍にも注目していきたい。

■『ドクター・エクソシスト』
11月25日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開
配給:ハピネット
(c) 2016 Incarnate Productions, LLC. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)