海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

恐怖の連続!2017年秋公開のホラー、スリラー映画特集

『ゲット・アウト』

映画の常識を覆すサプライズスリラー『ゲット・アウト』
(c) 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

人気ホラー映画『死霊館』シリーズの最新作、『アナベル 死霊人形の誕生』(現在日本公開中)をはじめとし、今年の秋注目のホラー、スリラー作品が続々となる。今回は人気シリーズの最新作から、リメイク作品、全米を恐怖に陥れた最新スリラー映画など恐怖をテーマにした4作品をご紹介。

全米初登場1位。恐怖の里帰り『ゲット・アウト』
アメリカで大きな話題を呼び初登場1位を獲得した『ゲット・アウト』(2017年10月27日日本公開)。黒人の写真家クリスには白人の彼女ローズがいる。ある週末、クリスはローズの実家に招待され不安を抱えながら挨拶にとローズのふるさとへ。過剰なまでの歓迎を受け、安心をするクリスであったが、彼の前に次々と様子がおかしい黒人が現れ彼の中でローズの実家に恐怖を覚えていく。じわじわと訪れる不信感と驚きの真実。アメリカの社会問題をスリラーとして切り取っているところにも注目である。

恐怖の道化師再び。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきたスティーヴン・キングの傑作ホラーが『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017年11月3日日本公開)となって帰ってくる。映画、そしてドラマと多く映像化されている人気作。この作品で「ピエロ=怖い」というイメージがついたといっても過言ではない。ある町で起こった怪奇事件。“それ”を見てしまった子供達だけが行方をくらましてしまうというものだった。「ストレンジャー・シングス」などに出演する人気子役が大集合。彼らの大人顔負けの怪演も見どころである。

スリラー映画の金字塔の最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』
全世界で誰もが知るスリラー作品『ジグソウ』シリーズの最新作がついに日本上陸する『ジグソウ:ソウ・レガシー』(2017年11月10日日本公開)。8作品目となる今回は実に7年ぶりの新作となり、前回ファイナルと言われていた中での最新作に多くのファンが驚いた。様々な男女が部屋に集められる。首には鎖、チェーンソウが響きわたる部屋で彼らはゲームを繰り返し、脱出を試みる。新たな殺人犯ジグソウはだれなのか。ファンも驚く真実がついに解禁となる。

化学の力で悪霊と戦え!『ドクター・エクソシスト』
ハリウッド産の新たなるエクソシスト映画『ドクター・エクソシスト』が11月25日(土)より公開となる。本作では、宗教ではなく科学で悪魔払いをする車椅子のヒーローを『ダークナイト』のアーロン・エッカート、共演者には新旧豪華キャストが出演している。悪霊によって家族を殺された主人公ドクター・セス・エンバー。彼は化学の力を駆使し、悪霊に取り憑かれた人間の潜在意識の中に入り込み悪魔祓いをするエクソシストとなり復讐を試みていた。ある日、とても強力な悪魔に取り憑かれた少年が現れる。

ハロウィンから、11月にかけて多くの恐怖映画が公開される。是非日常では味わえない本当の恐怖を劇場で体験していただきたい。

文:栗林 麻純

PICKUPオススメ情報(PR)