海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

“アベンジャーズ”もついに架橋へ!今から押さえて楽しめるマーベル映画作品!

今から押さえて楽しめるマーベル・スタジオ映画作品!

11月3日に公開となる『マイティ・ソー バトルロイヤル』
(c) Marvel Studios 2017

マーベル・スタジオ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が、11月3日に日米同日公開を迎える。本作は、MCU<マーベル・シネマティック・ユニバース>の10年目の集大成的作品と位置付けられている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日日本公開)へとつながる“重要な役割を果たす作品”とマーベル・スタジオ製作トップのケヴィン・ファイギ氏が語っており、今最も見逃してはいけない作品のひとつだ。ついに架橋を迎える『~/インフィニティ・ウォー』に向けて、『マイティ・ソー バトルロイヤル』など、今公開中の作品やこれから公開される作品を押さえておこう!

■『マイティ・ソー バトルロイヤル』2017年11月3日(金・祝)日米同時公開
ソー役クリス・ヘムズワース、ロキ役トム・ヒドルストンなどおなじみのキャストはもちろん、ソーとともにアベンジャーズのメンバーとして戦ってきたハルク(ブルース・バナー)役マーク・ラファロも参戦。さらに、マーベル初の女性ヴィランにして、過去アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクでさえ持てなかったソーのハンマー・ムジョルニアを片手で粉々にしてしまう最強の死の女神ヘラ役には、オスカー女優ケイト・ブランシェットなど、超豪華キャストによって目の離せない作品となりそうだ。さらに今回、ソーはこれまでトレードマークだったブロンドのロングヘア―から打って変わって、ショートヘアー姿となっており、彼の身にいったい何が起こったのか、注目が集まっている。

■『スパイダーマン:ホーム・カミング』 公開中
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にて、初登場を果たしたスパイダーマン待望の単独主演映画。これまでの「スパイダーマン」シリーズとは違う世界観の作品となっており、初めてアイアンマン、キャプテン・アメリカなどと同じ世界観の「マーベル・シネマティック・ユニバース」の作品として描かれている。そのため、アイアンマン(トニー・スターク)でおなじみのロバート・ダウニー・Jrとの師弟の様な関係性も映し出されている。放課後にある部活の要領でニューヨークの街を救う彼が、正式なアベンジャーズメンバー入りを目指す姿が描かれる作品だ。スパイダーマン(ピーター・パーカー)を演じるトム・ホランドも『~/インフィニティ・ウォー』への出演が決まっており、今もなお注目を集めている。

■『ブラックパンサー』2018年3月1日(木) 全国公開
ブラックパンサー(ティ・チャラ)は、スパイダーマンと同じく、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場となったキャラクター。彼はワカンダ王国の国王、そして時はブラックパンサーとして国を守る2面性を持ったキャラクター。キャプテン・アメリカの持つシールドと同じ材質からなるスタイリッシュな漆黒のスーツと、優れた戦闘能力を持っている人気急上昇中のキャラクターだ。さらに本作は、これまでマーベル・スタジオ映画にはなかったスパイ映画の要素を盛り込んだアクションエンターテインメントになっていることにも注目だ。

今回の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、これまでアベンジャーズメンバーと関わりが無かったスター・ロード、ロケット、グルートなどの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』メンバーの参戦や、ベネディクト・カンバーバッチが演じているドクター・ストレンジも加わることが決まっている。さらに、昨年公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でマーベル作品初登場となったスパイダーマン、ブラックパンサーをはじめとするキャラクター達も登場するという、マーベルファンにはたまらない作品となっている。これまで「アベンジャーズ」シリーズ2作品は、どちらも映画史に残るメガ・ヒットを記録しており、本作へ向けられている期待値は計り知れない。ますます盛り上がりをみせるMCUに注目だ。

■『マイティ・ソー バトルロイヤル』
2017年11月3日(金・祝)日米同時公開
(c) Marvel Studios 2017

■『スパイダーマン:ホームカミング』
大ヒット公開中
(c) Marvel Studios 2016. (c) 2016 CTMG. All Rights Reserved.

■『ブラックパンサー』
2018年3月1日(木) 全国公開
(c)Marvel Studios 2017

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)