海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

10月6日はトムの日!トム・クルーズが半ケツ披露?!『バリー・シール』

バリー・シール/アメリカをはめた男

バリー・シールを演じたトム・クルーズ
(c) Universal Pictures

今秋最注目のトム・クルーズ主演最新作 『バリー・シール/アメリカをはめた男』が10月21日に日本公開となる。10と6で「トム」と読めることから、10月6日は<トムの日>として日本で公式に認められている。そんな記念すべきトムの日に、トム・クルーズ演じるバリー・シールのぶっ飛んだ本編映像が解禁となった。

今回解禁された映像では、サングラスをかけた最高にクールなバリーが鳴りやまない電話に次々と対応するシーンから始まる。CIAのエージェントとして、また天才的な麻薬の運び屋として活躍するバリーが次々に舞い込んでくる仕事を遂行し、ダミー会社を立ち上げ資金洗浄を繰り返しながら、巨額の富を荒稼ぎしていく姿が描かれている。バリー・シール本人が誰にでも親しまれる魅力的なキャラクターを持っていたことがよくわかると同時に、バリーを熱演するあまり、これまで誰も見たことがないであろう“半ケツ姿”まで披露するトムのぶっ飛んだ行動に衝撃を受けること間違いなし!まさしくトムの日に相応しいといえる映像となっている。

トムは自身が演じたバリー・シールという男について「バリーは家族を愛している優れたパイロットだが、向こう見ずなアンチヒーローでもある。バリーの悪事は許されることではないが、自らの願望を成しとげた彼にやはり興味を覚えてしまうよ。彼は既成概念にとらわれない自由な男で、当時の航空業界では非常にユニークな人物だった。今の社会ではすべてがコントロールされているし、空域も制御されている。バリーや仲間のパイロットが当時できていたことは、今考えるとあり得ないことなんだ」とコメント。

本作の制作を熱望し、同じパイロットとしてバリーにある種のリスペクトの気持ちを向けるトムが、本作でバリーをどのように演じるのかますます期待が高まると共に、現在御年55歳ながらも、躊躇うことなく半ケツまで披露するトム・クルーズ。その勢いを止めることなく進化を遂げ続けるトムの本作での活躍に目が離せない。

■『バリー・シール/アメリカをはめた男』
2017年10月21日(金)全国ロードショー
配給:東宝東和 
(c) Universal Pictures

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)