海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォードとの仲はまるで“ブロマンス”?

ライアン・ゴズリング

『ブレードランナー2049』でハリソン・フォードと共演したライアン・ゴズリング
(c)Imagecollect.

銃乱射事件の被害者へ追悼の意を表し、ラスベガスで行われる予定だったプレミアをキャンセルした『ブレードランナー2049』(10月27日日本公開)。主催である制作会社は事件の翌朝、その夜のプレミアを中止し、関係者向けの試写会に切り替えたが、同作主演のハリソン・フォードとライアン・ゴズリングもさぞかし心を痛めただろう。

男同士、お互いを”ブラザー”と呼び合う仲の良さと、仲良しすぎてもしや”ロマンス”なのでは?という冗談っぽさを含めた造語「ブロマンス」はもやは一般的な言葉となったが、情報サイト「アクセスハリウッド」は、ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードこそが「誰よりもキュートなブロマンスだ」と紹介している。

新旧2大俳優のふたりは、本作でチームを組む前からお互いのファンだったという。「最初に脚本を読んだ時、ライアン・ゴズリングが良いと監督に言ったんだよ」と言うのはハリソン・フォードだ。「そしたらすでにライアンと交渉してるときだったんだ。彼との共演が実現してうれしいよ」。

しかし、ハリソンの横で話を聞いていたライアンは、あのいたずらな笑顔で裏話を披露した。なんと初対面の際、ハリソンはライアンに向かって「やぁ、ブライアン」と名前を間違えて呼んでしまったのだ。しかも1度だけでなく何度も間違えたそうで、「まぁ少なくとも響きが似てるから」と笑ってごまかそうとしているハリソンに、「でも今朝も間違えられたんだよ!」とだめ押しするライアン。これにはハリソン自身も大笑いするしかない様子だった。

本作はいよいよ日本に先駆けて封切りとなり、すでに英紙「ザ・テレグラフ」ほか大手メディアが「原作を超えた」と高評価している。果たして作品中にも”ブロマンス”は確認できるのか、気になるところだ。

文:つれ しろこ

PICKUPオススメ情報(PR)