海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『ジャスティス・リーグ』ヒーローを演じたキャスト集合!各キャラクターの“超人”っぷりを解説

ジャスティス・リーグ

11月23日に日本公開となる『ジャスティス・リーグ』
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

DCが誇る最強の超人達が地球の危機を救うために集結し、圧倒的なスケールで贈るアクション・エンターテイメント『ジャスティス・リーグ』(11月23日日本公開)より、ジャスティス・リーグのメンバーを演じるキャスト達が一堂に会して、自ら演じたキャラクターの“最強”かつ、クセの強い“超人”っぷりを解説する、貴重な最新映像が到着した。

解禁となった映像では、ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットの日本のファンへ向けてのあいさつから始まり、笑顔で並ぶキャストらの仲睦まじい姿を見ることができる。注目は、引き続きバットマンを演じるベン・アフレックのコメント。これまで孤独に戦ってきたバットマンの、“チームのリーダー”としての新しい顔が見られると言う。ガル・ガドットは、バットマンとの謎めいた関係性を、そして『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でシャイな魔法使い役を演じ、エキゾティックな風貌と演技力で多くの女性から熱い支持を得ているフラッシュ役のエズラ・ミラーは“世界最速”という能力を持つきっかけを興奮気味に解説。海の王で荒々しいアクアマン役のジェイソン・モモアはその風貌に似あわない悩みを、さらに全身が機械のサイボーグ役のレイ・フィッシャーは自分自身がデジタルデバイスであることを語る。ハリウッドスターらが自らの役柄を解説することで、スーパーヒーローの顔と自然な素の表情の両方が楽しめる非常にめずらしく貴重な映像となっている。

はたして、闇に生きてきた男、バットマンは無事にクセもの揃いのメンバーをまとめられるのか?ますます盛り上がりを見せる『ジャスティス・リーグ』に期待したい。

■『ジャスティス・リーグ』
11月23日(木・祝)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)