海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『エイリアン』ファスベンダーが演じる新旧アンドロイド役の真実とは?!

エイリアン:コヴェナント

アンドロイドのウォルターを演じるマイケル・ファスベンダー
(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

9月15日(金)より公開された『エイリアン:コヴェナント』が週末の興行ランキングで初登場1位を獲得。公開後、マイケル・ファスベンダーが演じた新旧2体のアンドロイドが大きな話題となっている。今回、ファスベンダーが演じた2体のアンドロイドの真実が明らかになった。

滅び行く地球から脱出し新たな惑星に移り住む2000人のカップルと彼らを警護する乗組員たち、そして、アンドロイドのウォルターが、宇宙船コヴェナント号で地球を旅立った。この宇宙船にいる唯一の独り身のウォルターを演じるのが、ファスベンダー。スコット監督は、「運行中はウォルターがあらゆる雑事を担う。眠らないし、歳も取らない」と説明する。ファスベンダーといえば、『アサシン クリード』でも記憶をなくした死刑囚カラム・リンチと彼の祖先である伝説のアサシンの2役を演じ話題となったが、本作で演じるのは、新旧のアンドロイドだ。「旧型のアンドロイドは、10年間メンテナンス無しで、髪が長く伸び、髭も伸び放題。そして音楽を奏で、絵やスケッチをしていたんだ」と画像や予告編などでは公開されていない旧型のアンドロイドの特徴を明かす。続けて新型のウォルターの特徴については、「技術的には、旧型より優れているとはいえ、感情の幅はいくらか制限されている。ウォルターは恋をすることができず、コヴェナント号のクルーに忠実に仕えるようにプログラムされているから“スーパー執事”だね」と分析する。

一方で、戦うヒロイン:ダニエルズを演じたキャサリン・ウォーターストンは、一緒にコヴェナント号に乗っていた夫(ジェームズ・フランコ)を事故で亡くし「ジェイコブが死んだ後、彼女はウォルターに頼るようになるの。他のクルーより彼のそばにいる方が居心地が良いから。なぜなら、ある意味彼には感情的な制限があるから。自分の気持ちを理解できない人のそばにいる方が彼女には楽だから。それに宇宙船にいる独り者はこの2人だけだから、彼には特別なつながりを感じているの」と感情が薄いことがダニエルズには都合が良く、新型アンドロイド:ウォルターが心の支えになっていると説明する。

ファスベンダーはストイックな役作りでも知られ、『スティーブ・ジョブズ』で第88回アカデミー賞主演男優賞候補にもなった。演技だけでなく、「TCCandler.com」が毎年発表している“世界で最も美しい顔100人”の1位に輝いたこともあるほどセクシーなルックスで人気を博している彼が、人間ではなく、新型・旧型のアンドロイドの2体を演じている本作。宇宙船のクルーを襲う恐怖下での新旧アンドロイドとダニエルズの関係にも期待が高まる。

■『エイリアン:コヴェナント』
2017年9月15日(金)より大ヒット公開中
配給:20世紀フォックス映画
(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)