海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』ワールドプレミア開催!

コリン・ファース

まさかのカムバックを果たしたコリン・ファース
(c)ImageCollect

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』のワールドプレミアがロンドンで開催され、出演者らが登場した。

会場のレスター・スクエアにはオレンジ色のカーペットが敷かれ、黒塗りのロンドンタクシーが2台並んで映画の公開を待ちわびるファンたちを出迎えた。

前作に続き主人公エグジーを演じるタロン・エガートンは、グレーのスリーピース・スーツで登場。待ち受けたファンらにサインをするなど交流を持った。役柄がベールに包まれるコリン・ファースは、結婚して20年になる奥様リビアさんと登場。映画さながらに紳士らしい佇まいでファンを魅了した。

今作からステイツマンの一員として参加のチャニング・テイタムは、奥様ジェナ・ディーワン・テイタムと一緒に登場。ジェナのドレスはフリルの多用されたプリンセスラインでシアーなデザイン。サイドから見るとジェナの足のラインが透けて見え、そのセクシーな装いで話題を集めていた。このほか、同じく今作から参加のペドロ・パスカル、ジュリアン・ムーア、ハル・ベリー、そして前作より続投のマーク・ストロングなど出演者が多数オレンジカーペットに登場し、ファンの歓声を浴びていた。

この映画は、不良少年エグジーがコリン・ファース演じるハリーに見いだされ、スパイに成長する様子をコメディタッチで描いたアクション映画『キングスマン』の続編。前作で死んだとされていたコリン・ファースのまさかの復帰にファンの期待は高まるばかり。前作でスパイになったエグジーは今作ではすっかり一流のスパイへと成長しており、アメリカのスパイ組織ステイツマンと組んで共通の敵と戦うとのこと。ついでながら、コリン演じるハリーが今作でどのように描かれているのかは未だ明かされていない。『キングスマン:ゴールデン・サークル』はイギリスで20日より公開。日本では、2018年1月5日に公開予定。

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)