海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『マイティ・ソー バトルロイヤル』、キャラポスター8種が解禁!

『マイティ・ソー バトルロイヤル』

解禁された『マイティ・ソー バトルロイヤル』キャラポスター8種
(c) Marvel Studios 2017

全世界に向けて特報映像が解禁されると、わずか24時間でマーベル作品歴代最高記録を叩き出した『マイティ・ソー バトルロイヤル』。熱い視線が注がれる中、満を持してマーベルで最もクレイジーでクールなキャラポスター8種が解禁となった。

本作でソーは、最強の敵である死の女神・ヘラに”リベンジ”するため、アベンジャーズ最強の助っ人ハルク、宇宙一の裏切り王子のロキ、大酒のみの訳あり女戦士ヴァルキリーらと、突貫の型破りのチームを結成!戦う動機こそ違うものの「ヘラを倒す」という目的は同じメンバーが集結し、この付け焼き刃なチームを、ソーは”リベンジャーズ”と命名する。そして、彼らを陰で支えるのがソーの国の誇り高き守護神ヘイムダル、ソーの父であり偉大なる王オーディンとシリーズでお馴染みのキャラクターたち。また、敵か?味方か?謎に包まれた存在、格闘マニアのクレイジーな独裁者グランドマスターと、ヘラやリベンジャーズに加え、彼らを取り巻くキャラクターたちからも目が離せない!

今回監督を務めるのは、俳優、コメディアンとしても活躍するニュージーランド出身のタイカ・ワイティティ。長編3作目の『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』が、トロント国際映画祭ほか世界中の映画祭の“観客賞”を総なめし注目される才能の持ち主だ。本作に関して監督は、「本作から観ても楽しめるように作ったんだ。僕にとっては、これがソーの第1作目のようなものだよ。」と過去作とは一線を画す作品であることをコメント。また、監督は、今回、ソーを演じるクリス・ヘムズワースのコメディセンスを看破し、これまで以上に魅力的に描きたいという意気込みで本作に挑んだという。「僕はみんなに映画を見てもらい、キャラクターたちを愛してもらいと思っているんだ。映画の中での僕が重要としているのは、キャラクターであり、良いシーンなんだよ。僕は、人々が引き込まれるシーンが大好きだ。観ていて楽しいよね?そして僕が今作に持ち込んだものそれが“面白さ”なんだよ」と本作について明かし、“観客賞”を総なめという実績があるだけにエンターテイメント性の高い作品としての期待が高まる。

注目のキャストは、ソー役にクリス・ヘムズワース、ハルクへと変貌する天才科学者ブルース・バナー役にマーク・ラファロ、ロキ役にトム・ヒドルストン、ソーの父親でアスガルドの王オーディン役にアンソニー・ホプキンスといったお馴染みのキャストが顔を揃えるほか、マーベル映画初参加となるアカデミー賞®女優ケイト・ブランシェットが、史上最強の女性ヴィランを演じている。さらに、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチが出演する。

■『マイティ・ソー バトルロイヤル』
2007年11月3日(金) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c) Marvel Studios 2017

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)