海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

イケメン御曹司俳優アーミー・ハマーが合衆国最高判事の夫に!『On the Basis Of Sex』に出演

アーミー・ハマー

フェリシティー・ジョーンズの夫役に決まったアーミー・ハマー
(c)ImageCollect

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』(15)の俳優アーミー・ハマーが、映画『On the Basis Of Sex』に出演し、アメリカの最高裁判事ルース・ギンズバーグの夫を演じることが分かった。

この映画は、アメリカで史上二人目の女性最高裁判事となったルース・ギンズバーグの人生を描くもの。アーミーは映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)のフェリシティ・ジョーンズが演じるルース・ギンズバーグの夫マーティ・ギンズバーグを演じる。

ギンズバーグは現在3人いる女性の最高裁判事のうちの一人で、1993年にビル・クリントン大統領より指名を受け就任。女性としては史上二人目、ユダヤ系女性としては初めての最高裁判事となった。女性であることから法律事務所で働けなかった経験から女性差別撤廃運動に取り組んできた。映画でアーミーが演じるマーティ・ギンズバーグは、ルースと共に女性差別撤廃運動に取り組む姿が描かれるとのこと。

映画『ペイ・フォワード 可能の王国』(00)のミミ・レダーが監督を務め、ギンズバーグの甥であるダニエル・スティープルマンが脚本を務める。映画は今月からモントリオールで撮影を開始、ギンズバーグの判事就任25周年となる来年公開予定だ。

文:松坂 フジコ

PICKUPオススメ情報(PR)