海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『エイリアン』新ヒロイン、キャサリン・ウォーターストンのインタビュー映像到着!

エイリアン:コヴェナント

緊迫した表情のダニエルズを演じるキャサリン・ウォーターストン
(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

広大な宇宙を舞台に、“完璧な生命体”との遭遇を描き、映画史上に金字塔を 打ち立てた『エイリアン』。伝説的なシリーズの創造主、リドリー・スコットが自らメガホンを取った最新作『エイリアン:コヴェナント』が9月15日に日本公開となる。この度、新たな戦うヒロイン:ダニエルズを演じたキャサリン・ウォーターストンのインタビュー映像が到着した。

到着した映像では、ウォーターストンが「探索を進めるにつれ、異変が起こる。そこからはエンディングまで息つく間もない展開がずっと続く」と緊迫感溢れる展開が期待できることを明かす。そして、「本作は混乱と不安に満ちている。一度歯車が回り始めてしまったら、終わるまで決して止まってくれないの。それに、リドリーの思惑通りになっている。みんな震え上がると思うわ」と本作のSFアクションの衝撃を語る。

さらにウォーターストンは、アンドロイドのウォルターを演じるマイケル・ファスベンダーについて、「アンドロイドを演じる人と一緒に撮影できるなんて、まるでタイムトラベルをしている気分よ。3世代くらい先の未来かしら。どれくらい先かわからないけど、確実に来る未来だと思う。思考するAIは、今も開発が続いているもの。そのプレビューを見ているような気分だったわ。恐ろしくて、奇妙で、不思議で不気味だった」と人間としてのキャラクターではなく、アンドロイドを演じたファスベンダーとの共演も語る。

シリーズの原点に回帰し、極限の緊張感とバイオレントなショック描写、息もつかせぬストーリー展開の果てに「誰がエイリアンを想像したのか?」という大いなる疑問の答えを提示していく本作。スコット監督も賞賛の声を寄せるキャサリン・ウォーターストン演じるダニエルズの活躍に益々期待が高まる。

■『エイリアン:コヴェナント』
2017年9月15日(金) 全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)