海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

スコット・イーストウッド他!秋公開作品で活躍が期待されるハリウッド二世俳優まとめ

ハリウッド二世俳優まとめ

『スクランブル』主演、クリント・イーストウッドを父に持つスコット・イーストウッド
(c) 2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY

昨今、日本で多くの二世俳優・タレントが注目を集める中、ハリウッドでも注目の二世俳優の活躍が目覚ましい。今回は、秋公開作品での活躍が期待されるハリウッド二世俳優をご紹介。

■スコット・イーストウッド
今、最も注目を集める二世俳優の筆頭は、世界的巨匠クリント・イーストウッドを父に持つ31歳の注目俳優、スコット・イーストウッドだ。がっしりとした顎のラインやセクシーな笑顔、鍛え上げられた身体、そしてアイコニックな眉は往年の映画ファン、映画好きなら、若かりし頃のクリント・イーストウッドと重ねてしまうに違いない。世界的巨匠の息子とは言え、“欲しいものは額に汗して手に入れろ”と教えられ、さらに売れない時代には、映画に出られることがどれほど幸運なことかを感じ、その時に謙虚さがいかに大事かも学んだという。そんなクリントの背中を見て育ったスコットは父親が監督した『父親たちの星条旗』(06)で映画デビュー後、数々の作品に出演。大ヒットシリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17)では、アクション俳優としての存在感も放ち、2018年3月全米公開が決定した『パシフィック・リム:アップライジング(原題) / Pacific Rim: Uprising』の話題作出演が控えている。そんなスコットが最新作『スクランブル』で演じるのは高級クラッシクカー専門の華麗なる窃盗団・フォスター兄弟の兄、アンドリュー。一目でその車の伝説を語る膨大な知識と頭脳を兼ね備え、メカニック担当の弟のギャレット(フレディー・ソープ)とともに、凶悪なマフィアたちから3800万ドルの走る芸術品【フェラーリ250GTO】を盗み出す役どころだ。

■リリー=ローズ・デップ
9月23日日本公開の『プラネタリウム』に出演のリリー=ローズ・デップ。この作品ではナタリー・ポートマン演じるスピリチュアリストの姉を持つ妹役を演じているリリー。彼女はご存知、ジョニー・デップの娘。透明感溢れる美貌と圧巻スタイルで話題沸騰中の女優だ。『Mr.タスク』(14)でデビュー。これまでの4本の作品に出演し、最近では『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』(16)でメガホンを取ったケヴィン・スミス監督の最新作『ムース・ジョーズ(原題)』の出演がアナウンスされたばかり。近年ではシャネルのアンバサダーを務めるなどモデルとしても活動の場を広げている。

■キャサリン・ウォーターストン
9月15日日本公開SFホラー作品最新作『エイリアン・コヴィナント』でヒロイン役を演じ、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ではティナ・ゴールドスタイン役で注目度が高まったキャサリン・ウォーターストンは俳優のサム・ウォーターストンを父に持つほか、「ターザン:REBORN」(16)で主演のターザン役を演じたアレクサンダー・スカルスガルドの弟でもある。今後は世界のトップ女優に仲間入りすること間違いなしな実力派の女優として期待されている。

最近では、今年6月に公開された『フィフティ・シェイズ・ダーカー』主演のダコタ・ジョンソンはドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスの娘。さらに現在、公開中の『ワンダーウーマン』に出演のクリス・パインも俳優を父に持つ二世の1人である。親の七光りなんて言わせないくらいの実力で話題作に次々と起用されるハリウッド二世俳優。彼らの活躍を今後も期待したい。

■『スクランブル』
2017年9月22日(金)日本公開
配給:ギャガ 共同提供:カルチュア・パブリッシャーズ
(c) 2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY

文:神田 なぎさ

PICKUPオススメ情報(PR)