海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『メッセージ』カメレオン女優エイミー・アダムスが“人生で最も心を打たれた”役

『メッセージ』

娘を亡くした言語学者を演じるエイミー・アダムス

アカデミー賞8部門ノミネートを初め、世界中で驚きと称賛をもって迎えられたSF感動作『メッセージ』(5月19日日本公開)。そんな本作で圧倒的な演技力で世界中に感動の涙をもたらしているのが、主演のエイミー・アダムスだ。

5度のアカデミー賞ノミネート、2度のゴールデングローブ賞受賞を誇り、数々の役柄で観客を魅了してきた“カメレオン女優”のエイミーだが、本作の主人公ルイーズに心打たれ“どうしても演じたい”と出演を懇願したという。アダムス演じるルイーズは、娘を亡くした言語学者であり、突如現れた“彼ら”と対話を試みる人物。彼女が人類に送られたメッセージの真相に迫る。娘を失い絶望しながらも、もう失うものは何もないという覚悟も持つ悲しくも美しいルイーズの姿に、自身も6歳の娘を持つ母親であるアダムスは共感。「私がこれまで読んだ中で最も素晴らしい物語の1つだった。魅力的な脚本をいくつも読んできたけど、ここまで心を動かされたのはあまりなかったわ。どうしても頭から離れず、何もしない訳にはいかなかったの」と、輝かしい女優キャリアの中でも一番の衝撃だったと語っている。彼女はこれまで、数々のキャラクター演じてきたが、そんな無数の役をこなしてもなお、彼女は本作のルイーズを「この役を演じなければ自分自身が完成しない」とまで言い切っているのだ。

さらに、ルイーズの感情面を完ぺきに表現できる“監督の手腕”があったことも、出演を熱望した理由だとアダムスは明かしている。「これまでたくさんの監督と仕事をしてきた中で、ドゥニは本当に最高の監督よ。時として、役者は作品のビジョンのために人形のように扱われたりするけれど、彼は思いやりがあって、役者に自信を与えてくれる。だから皆、彼のことを情熱的に評価するし、映画の中で感情的な演技をすることができているの」と、ドゥニ監督の演出がアダムスたちのエモーショナルな演技を引き出し、誰も観たことがない感動のラストに繋がったと説明している。

ハリウッド屈指の大女優エイミー・アダムスが、どうしても演じたかった主人公ルイーズ。ドゥニ監督によって完ぺきに表現された彼女の心を打つ姿と、そこから生まれる感動のラストは必見。

■『メッセージ』
2017年5月19日日本公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)