海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ザック・エフロン、新作映画でアメリカの連続殺人犯役に

ザック・エフロン

イケメン俳優のザック・エフロン
(c)Imagecollect.

俳優のザック・エフロンが、新作映画『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』(原題、公開日未定)で連続殺人犯テッド・バンディを演じることが分かった。

バンディは1974年から1978年にかけてアメリカで多くの若い女性を殺害。今回の映画はバンディの長年恋人だったエリザベス・クレプファーの視点から描かれると芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えており、2012年にドキュメンタリー映画『Paradise Lost 3:Purgatory』(11)でアカデミー賞にノミネートされたジョー・バーリンガーが監督を務める予定だ。

ザックはディズニーチャンネルの映画『ハイスクール・ミュージカル』シリーズで大ブレイクし、最近ではコメディー映画『ネイバーズ』シリーズや映画『ベイウォッチ』(5月25日アメリカ公開)に出演。今回は残酷でシリアスな役に挑戦することになる。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)