海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

キャリー・フィッシャーさんの娘が『スター・ウォーズ』のイベントに登場、母の追悼のために

ビリー・ロードとキャリー・フィッシャーさん

娘ビリー・ロードと生前のキャリー・フィッシャーさん
(c)Imagecollect.

女優のビリー・ロードが、現地時間13日にフロリダ州オーランドで行われた『スター・ウォーズ』のイベントに登場した。

ビリーは同シリーズでレイア姫役を演じたキャリー・フィッシャーさんの娘で、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)にも出演している。キャリーさんは昨年12月に60歳で死去。その翌日にキャリーさんの母で映画『雨に唄えば』(52)の女優デビー・レイノルズさんも急死していた。

そして、そんな悲劇からビリーが13日に同シリーズのイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」に登場し、ファンからスタンディングオベーションで迎えられた。ビリーは「お母さんは、どこからがキャリーでどこまでがレイアなのかわからないと言っていました。彼女は無名の女優、デビー・レイノルズとエディー・フィッシャーの娘から、レイア姫になりました」と話し始め、「私の母はレイアのように自分の考えを話すことや、ほとんどの人をたぶん不快にするようなことを言うのを恐れませんでした。でも、私やあなたたちは不快になりませんでした。だから、彼女はあなたたちのことを愛していたのです。なぜなら、あなたたちは彼女のすべてを認めて、受け入れてくれたからです」「彼女はあなたたちを愛していました。これらの映画を、一緒に作ってきた人々を愛していました。そして、この素晴らしいキャラクター、レイアというフォースを愛していました」と語った。さらにビリーは母から学んだことが3つあると言い、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)のレイア姫のセリフを言って会場を盛り上げた。

ビリーはイベントでキャリーさんのように明るくユーモアを持って振る舞い、強い姿を見せていた。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)