海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

実写化の最高峰作品に!『ゴースト・イン・ザ・シェル』来日会見でキャストが語る

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

一列に並んだ『ゴースト・イン・ザ・シェル』出演キャストと監督
(c)Hollywoodnews

世界中の人々が愛する日本の名作「攻殻機動隊」の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日日本公開)の来日記者会見が、16日に行われた。会見には女優のスカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノジュ、俳優のビートたけし、ピルー・アスベック、監督のルパート・サンダースが登壇した。

ヒロイン役を演じたスカーレットは「今作を最初に東京で紹介できることを嬉しく思うわ」と笑顔でコメント。また今回初めて来日したという俳優のピルーは「日本は初めてだけど好きになったよ。これからもっと日本の皆さんと接する機会があるならばもっと来日したい。」と緊張しつつも笑顔で挨拶した。そしてルパート監督は「日本が生んだ素晴らしい文化、芸術性豊かな原作やアニメの作品を私の実写化を通して知って頂けることが嬉しい」と本作を公開できることへの感謝を述べた。

司会者から本作に関わってどうだったかという質問を受けると、スカーレットは「肉体的にも精神的にも大変だったけど、このキャラクターを演じられたことで自分も成長することができたの。それだけ大きな体験ができた作品だったわ」と語り、ビートたけしは「実写版は元々のアニメや原作に負けて文句を言われるのが定説だが、本作を自分の周りにいる『攻殻機動隊』の世代に見せたところ、この作品は忠実であって、なおかつ新しいものも入っていて、初めて成功した実写版ではないかと言っていた。撮影現場からは監督がどれだけこの作品にかけているのかも良くわかった」と本作の良さも交えてコメント。女優のジュリエットは「脚本を最初読んだ時はさっぱりわからなかったの。この作品の内容はとても難しいもので、私が演じたキャラクターも複雑だったわ。だからこそ、監督とは何度も熱論を交わしてキャラクター作りをしたわ」とSF作品実写化の難しさと本作への熱意を語った。

記者から実写化は原作を超えるのは難しいという定説があるが、その定説を覆す為の戦略はあったかと問われると、ルパート監督は「この作品を作るのはは大きなチャレンジで、様々な挑戦があった。アニメでは簡単にできても、実写化してしまったら滑稽になってしまう場合もある。例えばバトの目を取り出すにしろ、荒巻の髪型だったり、少佐の全裸に見えるようなスーツとかね。けど僕は若い頃にこの作品につながりを持ったから、あらゆるチャレンジでも受けて立つつもりで臨んだんだ。カットのスタイルやペースは日本の映画作品を意識している。困難はあれど、題材がとても素晴らしい作品だと思っていたので、本作を見た後、人々が何か考えたり語ったりし合える作品を作りたかった」と改めて本作にかけた思いを語った。

キャストと監督が熱意と思いを込めて作り上げたという本作は、今ままでの実写化の根底を覆すものになること間違いなし!ぜひ世界中のファン待望の「攻殻機動隊」の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』に期待したい!

■『ゴースト・イン・ザ・シェル』
2017年4月7日より全国ロードショー
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

文:園 しなこ

PICKUPオススメ情報(PR)