海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

スカヨハら豪華ゲストが歌舞伎町に降臨!『ゴースト・イン・ザ・シェル』ワールドプレミア

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

『ゴースト・イン・ザ・シェル』ワールドプレミア
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

日本が世界に誇る不朽の名作「攻殻機動隊」の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017年4月7日日本公開)。16日にスタジオの意向により原作誕生の国・日本で、本作のワールドプレミアが開催され、電脳LEDカーペットによるレッドカーペットイベントが行われた。

本作の主演を務めるスカーレット・ヨハンソンと新鋭監督ルパート・サンダースが再来日を果たし、スカーレット演じる少佐の上司・荒巻役:ビートたけし、本作で“攻殻ファン”に大人気のキャラ“バトー”を演じ、初来日となる俳優ピルー・アスベック、さらにフランスを代表する大女優・ジュリエット・ビノシュが8年ぶりの来日!そしてこの記念すべき日に、桃井かおり、福島リラ、泉原豊、山本花織、プロデューサー陣のアヴィ・アラッド、アリ・アラッド、マイケル・コスティガン、スティーヴン・ポールと、国際色豊かな面々が登場した。

最先端の技術を駆使した35mに及ぶ世界初。電脳LEDレッドカーペットにスカーレットら豪華キャストが姿を現すと、光と映像によるデジタルな世界観と和の融合を表現した超ド派手な演出に会場は熱狂の渦に!スカーレットが「ハロー!日本こそがワールドプレミアにふさわしい場所だから来られて本当に感動しています」と挨拶し、たけしは「実写版の方が凄いですよ。現場でスカーレットにカンペを持ってもらったのは歴史に残る快挙です!」と続けると、桃井の「スカーレットは最高の女優、最高の女性です!」という言葉に感激したスカーレットが桃井と固い抱擁を交わす場面も!

ルパート監督は「一緒にこの作品を作り上げたみんなで、いち早く日本に来られたのが嬉しいです。若いころから惚れこんでいた作品に関われて誇りに思います」と感無量の様子。あふれんばかりに詰め掛けた大勢のマスコミの取材とファンサービスを精力的にこなした後、スカーレットを先頭に全員がステージに登壇すると、電脳カーペットをはじめとする会場中が一気に桜色に染まり、春の訪れを一足早く感じさせる満開の電脳桜となった。

■『ゴースト・イン・ザ・シェル』
2017年4月7日より全国ロードショー
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)