海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

エマ・ワトソン、念願のヒロインに「プレッシャーより喜び」!

『美女と野獣』

『美女と野獣』でベル役を演じるエマ・ワトソン
(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

あの名作アニメーションをディズニーが完全実写化した最新作『美女と野獣』(4月21日日本公開)。人気女優エマ・ワトソンがヒロインのベルを演じることで早くも話題だが、ベル役はエマにとっても念願の役だったことが、本人によって語られた。

『ハリー・ポッター』シリーズでのハーマイオニー役をはじめ、『ウォールフラワー』『ノア 約束の舟』といった話題作に次々と出演、今や世界的女優として活躍中のエマ・ワトソン。それだけに飽き足らず、彼女は人権問題の活動家や国連の国際親善大使としても活動し、大きな支持を集めている。そんな彼女を「エマがとても知的で、世間を知っていて、洗練された人物であることは、誰もが知るところです」と絶賛するのは、新作映画『美女と野獣』の監督ビル・コンドン。彼は「それはベルの人物像とは違いますが、ベルがそうなりたいと思っている人物像なのです」と語り、キャスティングにあたり、ベル役として即座にエマが浮かんだことを告白している。

当のエマも、4歳の頃からこの物語が大好きだという生粋の『美女と野獣』ファン。「子供の頃、ベルは私にとってもすごく大事で象徴的な意味を持っている人物でもあったからね。だから、それを自分なりに演じるのかというプレッシャーはあったわ。でもその挑戦が、むしろ俳優としての喜びだったの」と思い入れを語り、ベル役が念願だったことを明かしている。

そんなエマの熱演により、本作のベルは、監督いわく「プリンセスになることなど何とも思っていない」行動的でより魅力的なヒロインへとパワーアップ。コンドン監督も、「ベルは男性を見つけて結婚することよりも、世界を見て自分自身が何者なのかを見いだすことの方にずっと大きな興味を持っているのです」と語り、守られるだけの女性ではなく、現代女性の共感を得るヒロイン像としての魅力を熱弁。エマ自身も「物語に流されてしまうタイプではなくて、自分の運命を自分でコントロールできるように描きたかった」と語るように、知的でパワフルで個性的な、エマだからこそ演じられるベル像が体現されている。

映画本編では、そんなベルが野獣と出会い心を通わせ、ただの恋心ではない“真実の愛”と奇跡が描かれる。豪華絢爛なセットをところせましと駆け回り、名曲の数々まで歌いこなす、主演女優エマ・ワトソンの大活躍は必見だ。

■『美女と野獣』
4月21日(金) 全国公開
(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

文:ハリウッドニュース 編集部

PICKUPオススメ情報(PR)