海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『高慢と偏見とゾンビ』女子憧れの人気ヤングセレブたちに注目

『高慢と偏見とゾンビ』

戦う姿も美しいリリー・ジェームズとスキ・ウォーターハウス
(c) 2016 PPZ Holdings,LLC

18世紀イギリスの片田舎で、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを綴った恋愛小説の金字塔「高慢と偏見」。その舞台を謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼んだ小説を完全映画化した『高慢と偏見とゾンビ』(日本公開中)。主人公のベネット家の次女エリザベスを演じるリリー・ジェームズがゾンビと戦う姿が見どころの本作だが、ベネット家の5人姉妹には今話題のヤングセレブたちが他にも出演している。

姉妹の長女ジェインを演じるのはブロンドヘアとガラスのような澄んだ青い目にすいこまれそうなベラ・ヒースコート。映画『ダーク・シャドウ』(12)で「可愛すぎる」と評判になった彼女が今回演じる長女ジェインは、美貌で資産家・ビングリーをたちまち虜にするモテ女だ。その一方で、藪の中から突如襲いかかるゾンビを手持ちのライフルで撃って撃って撃ちまくる戦う女性としての一面も見せている。

そしてベネット家の四女キティを演じるのは、そのファッションやゴシップネタで注目を集めているイギリスの人気モデル、スキ・ウォーターハウス。16歳からモデルを始めた彼女は、『あと1センチの恋』(14)や『ダイバージェントNEO』(15)に出演するなど女優としても活躍中だ。今回演じるキティは姉妹の中で長女ジェインに次ぐ美貌だが、親しみやすい可憐な魅力の持ち主。小さい頃から習っていた空手を生かしてオーディションに合格したスキは、アクションシーンでは青あざだらけになり、「難しかったけれど楽しかった」と語っている。

製作陣が目指した「史上最も美しいゾンビ映画」の実現に、このキャスティングが重要な役割を果たしたことは間違いないだろう。

■高慢と偏見とゾンビ
日本公開中
(c) 2016 PPZ Holdings,LLC

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)