海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アリシア・ヴィキャンデル初来日記念イベント!“和のおもてなし”&誕生日サプライズに感激

アリシア・ヴィキャンデル

プレゼントされた和傘を持つアリシア・ヴィキャンデル
(c)Hollywood News

アクション映画の最高傑作、<ボーン>シリーズの最新作『ジェイソン・ボーン』(10月7日日本公開)の公開に先駆け、アリシア・ヴィキャンデルが緊急来日。29日に東京・八芳園にて、“和のおもてなし”による初来日記念イベントが行われた。

『リリーのすべて』(15)でアカデミー賞助演女優賞を獲得したアリシアは、今世界で最も注目を浴びている新星女優。<ボーン>最新作ではマット・デイモン扮するジェイソン・ボーンを追うキャリア志向の若きCIAエージェント、ヘザー・リーを演じる。

<ボーン>シリーズのテーマソングが流れる中、アリシアは庭園をイメージした美しいドレスで登場。MCを務めていた日本人芸人ペアのトレンディエンジェルに迎えられ、「みなさん、こんにちは。アリシアさんです」と日本語であいさつ!「小さい時から日本に憧れていて、一番行きたい国でした。父の影響で村上春樹さんの本を子供のころに読んでいたんです」と初来日の喜びを語った。

友達とロンドンに住んでいた時は、みんなで<ボーン>シリーズのDVDを見ていたほど本シリーズの大ファンだったというアリシア。「現場に初めて足を踏み入れた時はシュールな気持ちでした」と明かす。「前作から10年近くたち、私たちの世界もテクノロジーの進歩で大きく変わっています。本作で私が演じているキャラクターは、このテクノロジーの変化のシンボルだと考えています」と自分の役どころを説明。撮影現場について質問が出ると、まずトミー・リー・ジョーンズについて「気難しい人なのかと心配していたのですが、撮影の初日にiPadを持ってきて、前日に生まれたばかりの仔馬の写真を見せてくれました。それで一気に打ち解けて、30分くらい馬の話をしていました」と意外なエピソードを振り返った。またマット・デイモンについては「地に足が着いている俳優で、自分の仕事を心から愛している方。彼を見ていて、アクション映画にかける準備の心構えなどを学びました」と尊敬している様子だった。

さらに、10月3日に28歳の誕生日を迎えるアリシアのために、MCのトレンディエンジェルが誕生花である紅葉柄の和傘をプレゼント!アリシアは「アリガトウ!」と感激し、「日本は紅葉が美しいと聞いているので、秋にぜひまた来たいです」と再来日への希望を語った。会見の最後は美しい庭園でのフォトセッション。八芳園の和の風景が、アリシアの美しさをさらに引き立てていた。

■『ジェイソン・ボーン』
10月7日(金) 日本公開
(C) Universal Pictures

文:小波 クレア

PICKUPオススメ情報(PR)