海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ドウェイン・ジョンンソン、『ワイルド・スピード』シリーズの男性共演者に激怒

ドウェイン・ジョンソン

いつも笑顔のドウェイン・ジョンソン
(c)Imagecollect.

プロレスラーで俳優のドウェイン・ジョンソンが、映画『ワイルド・シリーズ』のキャストに激怒していることを明かした。

ドウェインは同シリーズでルーク・ホブス役を演じており、現地時間8日に8作目『Fast 8』(原題、2017年4月14日全米公開)のワンシーンを動画でインスタグラムに公開した。

そして、「これがワイルド・スピード8の僕の最後の週の撮影だよ。この作品以上にほかのシリーズで僕が激怒することはないね。素晴らしく一生懸命働くクルー。ユニバーサルは素晴らしいパートナーだよ。女性の共演者はいつも最高で、彼女たちが大好きだ。男性の共演者は違うけれどね。何人かは誠実な男性で、本当のプロだけど、ほかはそうではないよ。その人たちは何をするにもどうせ臆病なやつらさ。臆病者。君たちがこの映画を来年の4月に見ると、いくつかのシーンで僕は演じていなくて、すごく怒っているところがあるんだ」と投稿し、結局それは自分のキャラクターに合っていて、プロデューサーも気に入っていたと明かしている。

同映画にはヴィン・ディーゼル、タイリース、ルーカス・ブラック、リュダクリス、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、スコット・イーストウッドら男性スターたちが出演しており、ドウェインが誰に腹を立てていたかは映画を見れば分かることになりそうだ。

文:馬場 かんな

therockさん(@therock)が投稿した動画 -

PICKUPオススメ情報(PR)