海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

“最凶”キャスト集結!『スーサイド・スクワッド』 ワールドプレミア

『スーサイド・スクワッド』

左から:ヴィオラ・デイヴィス、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレット・レト、ジョエル・キナマン
(C)Mayumi Nashida Photos by Mayumi Nashida Photography by Mayumi Nashida

バットマンやスーパーマンらヒーローによって投獄された史上最凶の悪党たちの、悪の力が爆発する最高にクレイジーでポップな爽快アクションエンターテイメント『スーサイド・スクワッド』(9月10日日本公開)の全米公開を前に、ワールドプレミアが現地時間1日にアメリカ・ニューヨークのブロードウェイのビーコン・シアターにて開催された。

会場となったビーコン・シアターは80年を超える長い歴史を持ち、1982年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財にも認定されている由緒ある劇場だ。そんな会場に一直線に敷かれたレッドカーペットの周りには、ハーレイ・クインやジョーカーのコスプレを披露する熱烈なファンと、世界各国のメディアたちがズラリ。TVカメラ50台、スチールカメラ200台、総勢350人のマスコミが、豪華キャスト・スタッフ陣の登場を今か今かと待ち構えている様子は、世界中から寄せられる本作への期待度を物語っていた。

会場のボルテージが高まり続ける中、いよいよプレミアに登場したのは、本作の監督を務めたデヴィッド・エアー。さらに、ポップでクレイジーな“悪カワ”ヒロインのハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビー、子煩悩な伝説の暗殺者デッド・ショットを演じたウィル・スミスなど、最悪・最凶の悪党たちを演じた超豪華キャストたちだ。続々と登場するスターたちに、会場中から割れんばかりの拍手・声援が鳴り響き[今、全米で一番バズっている映画]と言われるにふさわしい盛り上がりをみせていた。日本からも本作のアンバサダーを務めるダレノガレ明美が参加した。

そんな大熱狂するファンたちを前に、来日も決定しているハリウッドの大スター ウィル・スミスや、劇中のポップで“悪カワ”なハーレイとはまた違う魅力を見せるマーゴット・ロビーのゴージャスでセクシーなドレス姿には、会場中の目線がくぎ付けに。レッドカーペット上では、ダレノガレに気付いたウィルが駆け寄り、挨拶のキスを!さらにダレノガレとマーゴットが挨拶を交わし、ダレノガレの和製ハーレイ・クインを意識した衣装に、マーゴットも「アメイジング!」と大絶賛!本作でカタナを演じた日系女優・福原かれんから日本語をレクチャーしてもらったというマーゴットは、「こんにちは、マーゴット・ロビーです。」と流暢な日本語挨拶し、別れ際も「ありがとう!」と日本語で気持ちを込めた。ダレノガレさんのセルフィーには東西のセクシーでキュートな2人のハーレイ・クインの奇跡の2ショットが収められた。

最凶で最悪の悪党たちを熱演した豪華キャストたちが、劇中さながら終始ポップでハイテンションな盛り上がりとなったワールドプレミア。世界中の注目もさらに高まる中、8月下旬の来日キャンペーンにも大きな期待がかかる。

■『スーサイド・スクワッド』
9月10日(土) 全国ロードショー
ワーナー・ブラザース映画
(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)