海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジャレッド・レト、故ヒース・レジャーさんは完璧なジョーカーだった

ジャレッド・レト

『スーイサイド・スクワッド』でジョーカーを演じるジャレッド・レト
instagramより

俳優・歌手のジャレッド・レトが、DCコミックの悪役ジョーカーについて語った。

ジャレッドは映画『スーイサイド・スクワッド』(9月10日日本公開)でジョーカーを演じており、これまでジャック・ニコルソンやヒース・レジャーさん、アニメ版ではマーク・ハミルが演じてきた。ヒースさんは2008年の映画『ダークナイト』でジョーカーの演技が高く評価されて、死後アカデミー賞助演男優賞を受賞している。

ジャレッドは芸能情報誌「ローリング・ストーン」に「ヒースはジョーカーとして申し分のない完璧なパフォーマンスをしたよ」「シネマの中で最高のパフォーマンスの1つだね。昔ヒースに会ったことがあるんだ。彼のことはよく知らなかったけれど、美しい人だったよ」と絶賛した。

さらに「ヒースだけにしか演じられていなくて、コミックブックでなかったら、僕はきっと(演じるのは)適切ではないと思っていただろうね」「歴史があるから、OKだと思ったんだ。ほかの人々がやったことがあることの良いところは、どの方向に向かうべきでないか分かることだよ」と明かしている。

ヒースさんの演じたあとでジョーカーを演じるの誰であっても大きなプレッシャーだろう。ジャレッドはかなりの決心で演じることを決めたに違いない。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)