海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

おなじみの顔から新顔まで集結! 『ジェイソン・ボーン』ラスベガス・プレミア

『ジェイソン・ボーン』ラスベガス・プレミア

プレミアに登場したマット・デイモンとアリシア・ヴィキャンデル
(C) Universal Pictures

アクション映画の金字塔「ボーン」シリーズが、ついにスクリーンに帰ってくる。最新作『ジェイソン・ボーン』の北米公開を29日に控え、本作のワールドプレミアが現地時間18日にアメリカ、ネバダ州のラスベガスにある劇場「Colosseum at Caesars Palace」にて開催された。

「JAISON BOURNE」と記されたブラック・カーペットが敷かれ、隣にはカジノというまさにラスベガスらしさ満載の会場に、本作の公開を今か今かと待ちわびる大勢のファンが集結。会場に豪華スタッフ、キャストが登場すると、大きな歓声が巻き起こった。

スーツ姿をピシリと決めた主演のマット・デイモンは、常に笑みを絶やさず、相変わらずのナイスガイぶりで人々を魅了。「この(映画の)仕事は本当に好きだし、これまで色々な映画を作ってこられたけど、それもこのジェイソン・ボーンという役のお陰だと思っているんだ」と本シリーズへの想いを語った。

今作でボーンと大きな関わりを持つことになるCIAエージェント役のアリシア・ヴィキャンデルはルイ・ヴィトンのドレスを着て登場。とびきりの笑顔を振りまき、ファンとの交流を楽しんでいた様子で、撮影初日を次のように振り返った。「『わあ、ジェイソン・ボーンがあそこにいる』って思ったわ。自分が大好きな作品の世界に足を踏み入れた気分だったの」。

また、監督のポール・グリーングラスや、ボーンとつながりの深い元同僚役のジュリア・スタイルズといったシリーズおなじみの面々から、トミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルら、新しい顔ぶれが勢ぞろいし、パワーアップして帰ってきた本作にふさわしい、豪華なプレミアイベントとなった。

■『ジェイソン・ボーン』
10月7日(金) 日本公開
(C) Universal Pictures

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)