海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アレクサンダー・スカルスガルド、「ターザン」の体づくりは大きなチャレンジだった

アレクサンダー・スカルスガルド

身長194センチのイケメン俳優、アレクサンダー・スカルスガルド
(c)Imagecollect.

俳優のアレクサンダー・スカルスガルドが、「ターザン」シリーズの最新映画『ターザン:REBORN』(7月30日日本公開)のための体づくりについて語った。

本作でターザンを演じるのは、194cmの恵まれた肉体を持つアレクサンダー。彼はこの役のために、約10キロの体重増加、7.6センチのウエスト縮小、胸囲を10センチ増加させるなど、壮絶な肉体改造を実施。彫刻のような美ボディを手に入れたアレクサンダーは、過酷なトレーニングについて「E!ニュース」に次のように語った。

「本当に、本当に良いトレーナー得られたことは明らかだね。こんなにきついのはこれまでやったことがなかったよ。本当にナーバスだったんだ。大きなチャレンジで、トレーニングやダイエットで自分の体がどうなるかわからなかったんだよ」。

非常に激しいトレーニングによって見事な肉体を手に入れたアレクサンダー。そんな彼が演じるターザンは大きな注目を集めている。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)