海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

J・K・シモンズ、『ジャスティス・リーグ』でゴードン役に

J・K・シモンズ

アカデミー賞受賞俳優のJ・K・シモンズ
(c)Imagecollect.

俳優のJ・K・シモンズが、DCコミックスのスーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」を描く映画『The Justice League Part One』(原題、2017年11月17日全米公開)に出演することが分かった。

この映画はバットマン(ベン・アフレック)、スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)、アクアマン(ジェイソン・モモア)、ザ・フラッシュ(エズラ・ミラー)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)らスーパーヒーロー軍団が登場する注目作。ザック・スナイダーが監督を務める。

そして、J・Kが「バットマン」に出てくるゴードン市警本部長役で同映画に出演することになったと芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えている。映画『ダークナイト』シリーズではゲイリー・オールドマンがゴードン役を演じていた。撮影は来月からスタートする予定だ。

J・Kといえば、昨年行われたアカデミー賞授賞式で映画『セッション』(14)で助演男優賞を受賞している。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)