海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アンチヒーロー超大作『スーサイド・スクワッド』2016年の日本公開決定

『スーサイド・スクワッド』

アンチヒーロー超大作『スーサイド・スクワッド』2016年の日本公開決定
(c) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

「バットマン」や「スーパーマン」などを生み出したDCコミックスが、映画『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年3月25日日本公開)に続いて送り出す最新作のタイトルが『スーサイド・スクワッド』に決定。2016年の日本公開が発表された。

アメリカで公開された予告編が『スター・ウォーズ』最新作を超えるペースで再生されるなど、もはやファンのみでなく世界中を巻き込んだ一大ムーブメントを巻き起こしているアンチヒーロー超大作『スーサイド・スクワッド』。本作は、『バットマン』をはじめとしたDCコミックス内の様々な作品に登場し現在は服役中の囚人たちが、減刑と引き換えに命がけで危険な任務に挑む部隊<スーサイド・スクワッド>となり悪と戦う姿を描くという斬新な設定。強烈な個性を持つ悪役たちが作品の垣根を超えて共闘するという、今まで見たこともないようなスケールの大きさに期待は高まるばかりだ。

監督は『フューリー』で大迫力の戦争アクションを演出したデヴィッド・エアー。出演はウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ジェイ・コートニー、カーラ・デルヴィーニュなど錚々たる顔ぶれだ。

今回バットマンの宿敵であり本作でも重要な役割の担うことが予想される狂気のスーパーヴィラン(悪役)、<ジョーカー>の画像が解。演じるのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した演技力と、30kgの増量から20kgの減量まで躊躇なくこなすというストイックな役作りで高い評価を集める俳優のジャレッド・レト。彼がそのストイックさをもって新たに命を吹き込んだジョーカーは、体中に入った刺青や緑の髪、恐怖を与える銀歯、そして笑顔とも悲鳴ともわからぬ表情と、画像だけでも見る者の度肝を抜く衝撃の仕上がりとなっている。一度見たら忘れられないその姿からは、ジョーカーの持つ圧倒的な狂気と抜群の存在感を感じ取ることができる。

映画・アニメ・漫画と現在空前の盛り上がりを見せているヒーローモノで描かれる“正義VS悪”という方程式と全く異なる、“悪VS悪”という世界観は、それらの作品と比較しても完全に異色。鑑賞者の心を掴んで離さない悪役達の怪しい色気に加え、スーパーヴィラン<ジョーカー>がキーを握るキャラクターと噂されており、ファンならずとも映画が気になってしまうこと間違いなしだ。

■『スーサイド・スクワッド』
2016年全国ロードショー決定
(c) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)