海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

「トワイライト」のレイチェル・レフィブレが降板!

ブライス・ダラス・ハワード


トワイライト・シリーズの第3作目「Eclipse」で、ヴィクトリア役のレイチェル・レフィブレが降板し、彼女の代わりにブライス・ダラス・ハワードが起用される事になりました。

スタジオ側の説明によると、なぜ降板になったかの理由はスケジュール問題のようです。
制作会社のサミット・エンターテイメントはこう発表しています。
「レイチェルはヴィクトリアに命を吹き込み、キャラクターを新しい次元に発展させてくれた。
私達はブライスのような才能ある女優を迎える事に幸運を感じています。」

ちなみに、このブライス・ダラス・ハワードという女優さんは、有名映画監督のロン・ハワードの実の娘なのです。
今までに、M・ナイト・シャマラン監督の「ヴィレッジ」や「レディ・イン・ザ・ウォーター」、2009年公開の「ターミネーター4」にもケイト・コナー役で出演しています。

それにしても、スタジオはレイチェル降板の理由を「スケジュールの問題」としていますが、僕はそうではないと思います。
これは金銭交渉が上手くいかなかったからだと思います。
制作側と、タレントのエージェントとの裏での闘いがあったのでしょう。
こういう降板劇はハリウッド映画ではよくあることなのです。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)