海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

『タイヨウのうた』をベラ・ソーンとパトリック・シュワルツェネッガーがリメイクへ!

ベラ・ソーンとパトリック・シュワルツェネッガー

『タイヨウのうた』ハリウッド版のキャストのベラ・ソーンとパトリック・シュワルツェネッガー
(c)Imagecollect.

女優のベラ・ソーンと俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーが、日本の映画『タイヨウのうた』のハリウッド版に出演することが分かった。

2006年の映画『タイヨウのうた』は歌手のYUIと塚本高史が出演し、大ヒット。同年にテレビドラマが制作されて、沢尻エリカと山田孝之が主演を務めた。太陽の光にあたることのできないXP(色素性乾皮症)という難病を抱え、歌うことを愛する主人公の女の子が男の子と恋に落ちるラブストーリーで、作品中に歌われる主題歌も大ヒットを記録した。

そして、ベラがXPを抱える17歳の主人公ケイティを、パトリックが恋の相手チャーリーを演じることが明らかになった。監督はスコット・スピアーが務める。ベラは現地時間21日に「ヤングアダルトロマンス映画を私の良き友人パトリックとできることを発表できて誇りに思うわ。スコット・スピアーが監督よ!」とツイッターにつぶやいている。パトリックの母マリア・シュライバーは息子のキャスティングに「パトリック・シュワルツェネッガー、おめでとう! すごくたのしみね。努力は報われるわ」とつぶやいている。

『タイヨウのうた』をアメリカのアイドルであるベラとアーノルドの息子であるパトリックがリメイクすることで、日本でも話題になりそうだ。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)