海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ルーク・エヴァンズ、『美女と野獣』の実写版で悪役ガストン役に

ルーク・エヴァンズ

『美女と野獣』でガストン役を演じると言われているルーク・エヴァンズ
(c)Imagecollect.

映画『タイタンの戦い』(10)や『ホビット』シリーズの35歳の俳優ルーク・エヴァンズが、ディズニー映画の実写版『美女と野獣』(原題:Beauty and the Beast、2016年全米公開)に出演する話し合いを行っていることが分かった。

ディズニーは1月末に女優のエマ・ワトソンが同映画で主役のプリンセスであるベル役を演じると発表。エマは「胸がいっぱいよ」「みんなに見てもらうのが待ちきれないわ」とコメントしていた。

そして、ベルを自分のものにしようとする狩りの名人ガストン役にルークが交渉中だと現地時間4日に芸能情報誌「バラエティ」が伝えた。また、ルーク自身、ツイッターにこの「ルーク・エヴァンスがディズニーの『美女と野獣』でガストンを演じる」という「バラエティ」誌の記事をツイートしている。

また、野獣役には俳優のライアン・ゴズリングが候補に挙がっていると伝えられているほか、ポット夫人役は女優のエマ・トンプソンが演じると噂になっている。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)