海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジェニファー・ローレンス、スティーヴン・スピルバーグ監督の作品に出演へ

ジェニファー・ローレンス

若手人気女優ジェニファー・ローレンス
(c)Imagecollect.

女優のジェニファー・ローレンスが、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作に出演する可能性があることが分かった。

スピルバーグ監督はフォトジャーナリストのリンゼイ・アダリオの伝記「It’s What I Do:A Photographer’s Life Of Love And War」をもとに映画を製作する予定で、監督を務める。

そして、ジェニファーがこの作品に出演する交渉が行われていると芸能情報サイト「デッドライン」は伝えている。この映画はある女性が世界の危険な場所に行き、真実を探求するというストーリーで、ジェニファーは主役の女性を演じると見られている。

22歳という若さでアカデミー賞主演女優賞に輝いた24歳のジェニファーと数々のヒット作を手掛けたハリウッドの大物監督スピルバーグ監督のタッグ。実現することを期待したい。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)