海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

”巨匠の新作”勢ぞろい! 1月公開ハリウッド話題作

リアム・ニーソン

人気シリーズ『96時間/レクイエム』のリアム・ニーソン
(c)2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

昨年も名作が沢山公開されたが、2015年は早くも話題作が勢ぞろい。2015年1月に日本公開される作品の中から、注目作をピックアップしてご紹介。

◆“無敵の父親”シリーズ最新作にして最終章『96時間/レクイエム』
主演のリーアム・ニーソンと製作・脚本を担当するリュック・ベッソンの3度目のタッグが実現された本作。元妻殺しの犯人として指名手配されてしまった元CIA工作員ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)が、元妻の命を奪った不可解な事件の真相に迫る。
監督:オリヴィエ・メガトン(『96時間/リベンジ』)
出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、フォレスト・ウィテカー 等
全国公開中

◆Wロバート共演の法廷サスペンス『ジャッジ 裁かれる判事』
ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』シリーズ)演じる、金で動く敏腕弁護士ハンクが、殺人事件の被疑者として起訴された絶縁状態の実父である判事(ロバート・デュバル)の弁護をすることに。スリリングかつエモーショナルな法廷サスペンスとしてアカデミー賞有力作品といわれる本作、絡み合う親子の想いにも注目だ。
監督:デヴィッド・ドブキン(『ジャックと天空の巨人』)
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ロバート・デュバル、ヴェラ・ファーミガ 等
2015年1月17日(土)日本公開

◆ティム・バートン監督最新作『ビッグ・アイズ』
大きな瞳の少女の絵が使われたポスターがとても特徴的。”ゴーストペインター”騒ぎでアート界を揺るがしたキーン夫妻の実話をもとにした伝記映画。60年代のアメリカで一大ブームを巻き起こした絵画<ビッグ・アイズ>シリーズをめぐる夫妻の争いは法廷へと持ち込まれ…。ティム・バートン監督独特の世界観を楽しむことが期待できそう。
監督:ティム・バートン(『フランケンウィニー』『アリス・イン・ワンダーランド』)
出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ 等
2015年1月23日(金)日本公開

◆旧約聖書の英雄モーゼの叙事詩的映画『エクソダス:神と王』
リドリー・スコット監督が贈る、奇跡のスペクタクル・アドベンチャー。40万人の奴隷を解放するという使命を背負った伝説の英雄モーゼの起こす人類史上最大の奇跡を描いている。クリストファー・ノーラン監督の『バットマン』シリーズの好演が印象的な、主演のクリスチャン・ベールの演技にも注目だ。
監督:リドリー・スコット(『エイリアン』『悪の法則』)
出演:クリスチャン・ベール、ジョエル・エドガートン 等
2015年1月30日(金)日本公開

その他にも、2005年公開のロバート・ロドリゲス監督の大ヒット作の続編、『シン・シティ/復讐の女神』や、ブロードウェイ・ミュージカルの名作の再びの映画化ということで話題の『ANNIE/アニー』、最強のアクション俳優ジェイソン・ステイサムがキレのあるアクションを魅せる『ワイルドカード』など、話題作目白押しの1ヶ月。是非とも映画館へ足を運んでもらいたい。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)