海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

2015年は人気大作シリーズの続編が目白押し!

『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』シリーズ7作目『Star Wars: The Force Awakens』
twitterより

あけましておめでとうございます。2015年は『スター・ウォーズ』や『アベンジャーズ』など超大作シリーズの続編が続々と公開されます。今年公開される注目の続編映画をまとめてご紹介!

■『Star Wars: The Force Awakens』(12月18日全米公開)
J・J・エイブラムス監督のもと制作されるシリーズの7作目の本作は、『スター・ウォーズ エピソード6』から30年後が舞台となっている。これまでのシリーズに出演していたハリソン・フォードやキャリー・フィッシャー、マーク・ハミルに加えて、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ルピータ・ニョンゴ、アンディ・サーキスら新キャストを迎えることが発表されている。

■『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(4月25日日本公開)
全世界の興行収入が15億ドル(約1800億円)を突破したアベンジャーズ最新作。アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルク、ブラック・ウィドウ、ソーらのヒーローチーム「アベンジャーズ」が、人類絶滅を目論む新ヴィラン「ウルトロン」との戦いに挑む。

■『SPECTRE』
「007」シリーズ最新作はジェームズ・ボンドの宿敵の悪の組織“スペクター”がタイトルになっており、組織との死闘が描かれる。シリーズ24作目、ダニエル・クレイグの4本目の出演作となる本作のボンドレディには『美女と野獣』のレア・セドゥと『マトリックス』のモニカ・ベルッチ、悪役としてクリストフ・ヴァルツが出演する。

■『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイ』Part1&2
ジェニファー・ローレンス主演のアクション超大作『ハンガー・ゲーム』シリーズ。最終章となる「モッキングジェイ」は2部構成で製作され、ジェニファー演じるカットニスら革命軍と独裁国家の全面戦争が描かれる。前編は6月に日本公開。後編は11月に全米公開(日本公開は未定)となる予定。

■『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月日本公開)
1984年に公開されて以来、全世界の興収は14億ドル(約1690億円)と空前の大ヒットを記録した『ターミネーター』シリーズ。12年ぶりの最新作の詳しいストーリーは一切明かされていないが、“ターミネーター”の代名詞ともいえるアーノルド・シュワルツェネッガーの他に、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー等の若手俳優の出演が発表されている。

■『ミッション:インポッシブル5』(12月25日全米公開)
トム・クルーズ主演の大ヒットアクションシリーズ『ミッション:インポッシブル』。毎作監督が変わる本シリーズだが、第5弾には『アウトロー』のクリストファー・マッカリー。キャストでは、前作に引き続きビング・レイムスやジェレミー・レナーが出演する他、ヒロインに若手女優レベッカ・フェルグソンが抜擢された。

■『ジュラシック・ワールド』(8月7日日本公開)
1993年に公開され、大ヒットした『ジュラシック・パーク』。その後2作が公開され、第4弾となる本作は2002年から制作が計画されていたが、スケジュールは延期となりついに2015年に公開!スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を取った本作は、1作目から22年後のイスラ・ヌブラル島が舞台になっている。

■『ワイルド・スピード SKY MISSION』(4月17日日本公開)
人気カーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』の第7弾となる本作。2013年のポール・ウォーカーさんの事故死を受けて制作がストップしていたが、彼の弟たちが代役を務めることで完成にこぎつけた。ポール・ウォーカーさんが躍動するシーンは、ファンは涙なしには見られないだろう。

■『ミニオンズ』(7月31日日本公開)
3Dアニメーション映画『怪盗グルー』シリーズで大人気のバナナが大好物な謎の生物ミニオンが、主役になって帰ってくる。人類が誕生した遥か昔を舞台に、地上に現れたミニオンが怪盗グル―と出会う経緯について描かれる。声優として参加するサンドラ・ブロックら豪華俳優陣にも注目が集まる。

■『テッド2』(6月26日全米公開)
R指定オリジナルコメディ映画史上No.1のヒットを記録した『テッド』。中年男ジョンと下品なテディベア”テッド”のコンビの下ネタ満載の交流を描いた同作の続編には、ジョンを演じたマーク・ウォールバーグに加えて、女優のアマンダ・セイフリードやモーガン・フリーマンが出演予定だ。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)