海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

一言も喋らないクリスチャン・ベールとジョニー・デップの仲。

ジョニー・デップ


マイケル・マン監督の最新作「Public Enemies」の撮影中、クリスチャン・ベールとジョニー・デップは一言も喋らなかったようです。

クリスチャン・ベールによると、
「シーンの中以外では、他の共演者と話したくないんだ。
そのほうが僕にとって良い。
ジョニーもそのやり方でハッピーだったようだよ。
だから、シーンの合間でもお互いの事を知り合う機会はなかったよ。
いつかジョニー・デップの事をもっと知る日が来る事を待つしかないね。」

クリスチャン・ベールはジョニー・デップとマイケル・マン監督と仕事をするためにこの作品に出演する事を決めたようです。
「マイケル・マン監督はこの世で最高のフィルムメイカーの一人だ。
彼は映画制作の全ての面で、優れているんだ。
彼のリサーチ力とディテールに関する考察は素晴らしい。
彼はセットにいる、全ての俳優に何が起こっているかという事に対して、ユニークな洞察力を持っているのだよ。
あと、この映画に出演したもう1つの理由はジョニーだよ。
彼は本当に素晴らしい。
彼のような人は他にはいないよ。」

全米では7月1日より公開される「Public Enemies」では、ジョニー・デップが犯罪者ジョン・デリンジャーに扮し、クリスチャン・ベールのの演じるFBI捜査官メルヴィン・パービスと対決します。
映画「Heat」を監督した時に、「キャラクターに対するリサーチが足りない!」とアル・パチーノを叱りつけたという、僕の大好きなマイケル・マン監督の作品ですから、もう公開初日に観に行くのを楽しみにしています!!!
うおおお!
楽しみだあ!!!!

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)