海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ジェシー・アイゼンバーグ、『バットマン VS. スーパーマン』で悪役に抜てき

ジェシー・アイゼンバーグ

レックス・ルーサー役を演じるジェシー・アイゼンバーグ
(c)Imagecollect.

映画『ソーシャル・ネットワーク』(10)の俳優ジェシー・アイゼンバーグが、映画『バットマン VS. スーパーマン』(原題、2016年5月6日全米公開)に出演することが分かった。

同映画は2013年に公開されたスーパーマンの映画『マン・オブ・スティール』の続編で、スーパーマンをヘンリー・カヴィルが、バットマンをベン・アフレックが演じる。

そして、同映画にジェシーが悪役のレックス・ルーサーを演じることが発表された。同映画を手掛けるザック・スナイダー監督は、「ジェシーをこの役に迎えることは、おもしろくて、ダイナミックに持っていくことができ、このキャラクターを新しくて、予想できない方向へと連れて行ってくれるのです」とコメントしている。

また、バットマン(ブルース・ウェイン)の執事アルフレッド・ペニーワースを演じるのは俳優のジェレミー・アイアンズで、スナイダー監督は彼をアルフレッドの役に起用できて、光栄だと明かしている。

豪華キャストの共演で、同映画の完成がますます期待されるだろう。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)