海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アンドリュー&エマが再来日!『アメイジング・スパイダーマン』記者会見

『アメイジング・スパイダーマン』_1

『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見でのアンドリューとエマ

6月30日に世界最速で日本公開される3D映画『アメイジング・スパイダーマン』の来日記者会見が13日に東京・六本木にて開催され、主演のアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンらが登壇した。

多くのマスコミが駆けつけたなか、その多さにマーク・ウェブ監督やコナーズ博士役のリース・イーヴァンズらも驚いていた。

アンドリューは、「アリガトウゴザイマス。また戻って来られてうれしいです。日本という国はとても大切ですし、みなさんにとっても大切なキャラクターかと思います。そんなスパイダーマンをみなさんと分かち合えるのはうれしいです」とあいさつした。

スパイダーマンの相手役グウェンを演じるエマは、前回の来日で「ステキなキスシーンがあるから期待して」と発言していたことに質問が及ぶと、「ぜひご覧になった皆さんのご意見を伺いたいですね。ピーターがスパイダーマンだと解った瞬間のキスで、発見と同時に秘密を共有するということでもあり、そこが素晴らしいところですね。今後の展開については私も同じ質問をしたいくらい。今脚本を書いているところだそうで、コミックにはたくさんの要素があるので、どうなるのかとても気になっています」と期待のシーンについてコメントした。

私生活でも恋人同士の2人。やはり、2人のシーンは本当の恋をしているように見えるという問いに、アンドリューは「演技は難しいものです(会場笑)。ティーンエイジャーを演じるにあたって、過去に戻ってあのときどんな気持ちだったか、どんな体の動きだったかを思い出す作業をしました。思春期は誰もが経験していることで、僕もいろんな感情が芽生え、自分探しの危機もありました。初恋は人生を変えるような経験。ミュータントよりも初恋の人の方が大事で、危機的な状況でもそちらに気が行くのは分かります。こういった経験をしながらも、街を救う、街を守るという運命を選んでいくピーター。誰もが思い出せる気持ちを持っている、それがスパイダーマンだと思います」と一応演技論としてフォローした。

新たなキャストで放たれるスパイダーマン。迫力のアクションシーンはやはり大きな3Dのスクリーンで。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)