海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ウィル・スミス『MIB3』ポジティブ全開な熱気のジャパンプレミア

バリー・ソネンフェルド、ジョシュ・ブローリン、ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ

『メン・イン・ブラック3』来日ゲスト。左からバリー・ソネンフェルド監督、ジョシュ・ブローリン、ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ

全世界で1000億円を超える興行収入を記録したシリーズ最新作『メン・イン・ブラック3』(5月25日日本公開)のジャパンプレミアが5月8日に東京・六本木にて行われ、主演のウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、そしてバリー・ソネンフェルド監督らが登場した。

長年コンビを組み地球に住むエイリアンたちを監視してきたエージェントJ(ウィル)とK(トミー)。この2人が日本に訪れるのは前作以来およそ10年ぶり。ファンたちのサインやテレビ局のインタビューに応えながらレッドカーペットを歩いた。

ステージ上では、まず、ソネンフェルド監督が観客に手を振りながら登場し、「今作ではちょっと怖いエイリアンが登場したり、笑いあり涙ありの、シリーズ中で最高傑作に仕上がっています。この映画は今までに公開された3D作品のなかで最高の映画です」と自信満々のコメントをした。

そして、でかでかとステージ上にディスプレイされた“M・I・B”のロゴの中からウィル、トミー、ジョシュがまるで宇宙船から降りてきたかのように姿を現すと、会場のボルテージはさらに上がる。

ウィルは「トーキョーーー!」と大きな声で呼びかけた後、今作について、「『メン・イン・ブラック3』は見た後も興奮が続くような映画だよ」と変わらぬ笑顔でファンに語りかけた。

トミーは、「この映画には邪悪なエイリアンや可愛いエイリアンも登場して見どころが満載の作品だね」と述べた。“仏頂面”は健在だが、今作でのプロモーションは日本だけしか参加していないことについて聞かれると、「日本という国は大好きです。とっても美しい国ですし、共通点もいっぱいあります。第2の故郷と言ってもいいくらいです。普段あまり意識はしていませんが、こうやって皆さんに囲まれるとうれしく思います」と答え、拍手を受けていた。

そして、驚くべき観察力でエージェントKの若き頃を演じたジョシュは、「オウオウオウ、トーキョー、サイコー!」と観客を煽りつつ、「素晴らしい俳優たちと最高の仕事ができたよ。ぜひみんなにこの映画を楽しんでほしいね、イエー!」と会場を盛り上げる。

さらに、今作で注目してほしいシーンは?という質問に対して、ウィルは「僕がタイムスリップする場面は迫力満点だよ。このシーンは見逃さないでほしいね」と語った。

最後に、シリーズ4作目について質問されたソネンフェルド監督は「ウィルが“面白いアイデアが浮かんだよ”って僕に言ったんだ。もしかしたら4作目もあるかもしれないね」と期待が高まるコメントを残した。

笑いの絶えないポジティブなオーラが4人から発せられており、作品へのかなりの自信がうかがえた。そのオーラは会場のファンにも十分伝わっていただろう。実に10年ぶりの復活を遂げた大ヒットシリーズ最新作に、世界中の観客が魅了されるに違いない。

文:ハリウッドニュース編集部

PICKUPオススメ情報(PR)