海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

ウィル・スミスの最新作は『ハングオーバー』のような作品に?

ウィル・スミス

『アップタウン・サタデー・ナイト』の主演候補に挙がっているウィル・スミス
(c)Hollywood News

俳優のウィル・スミスが、コメディー作品『アップタウン・サタデー・ナイト』(原題)の主演候補に挙がっていることが分かった。

同作は、1974年の『アップタウン・サタデー・ナイト』(原題)のリメイク版で、オリジナル版はオスカー俳優のシドニー・ポワチエが監督・主演を務めた作品で、当選した宝くじが入った財布をナイトクラブで盗まれた男2人が、それを取り返すために奮闘するといった内容のコメディー映画だ。

米・エンタメ情報サイト「Deadline」によれば、ウィルとデンゼル・ワシントンの2人が本作の主演候補に挙がっており、ウィルはプロデュースも手掛けるとのことだ。

今作はアダム・マッケイ監督が、ウィル・フェレル主演『俺たちニュースキャスター』(04)の続編を完成させた後に取り掛かるものとみられている。

『Black&White/ブラック&ホワイト』(12)のティモシー・ダウリングが本作の脚本を手掛ける予定で、リメイク版は『ハングオーバー』(09)と似たような作風になるらしく、「一番いい表現の仕方としては“おかしな一夜”を描いた映画ってことだけど、1晩だけじゃないんだ」「メインキャラクターの2人は、仕事もうまくいかないし昇進も望めない肉体労働者で、ある晩遊びに出かけたことで、2人は自分たちで切り抜ける方法を見出さなきゃいけない事態に直面するのさ」とダウリングは語っている。

『ハングオーバー』のような作風でリメイクされるという今作でのウィル・スミスのコミカルな演技に期待しているファンも多いことだろう。

文:西成 ダイゴ

PICKUPオススメ情報(PR)