海外セレブのゴシップ・ファッション・映画・ドラマ・洋楽情報をお届け!

Hollywood News – ハリウッドニュース

アンジェリーナ・ジョリー、「眠れる森の美女」の実写版で悪い魔女を演じる

アンジェリーナ・ジョリー

ディズニー映画の悪い魔女を演じるアンジェリーナ・ジョリー
(c)Hollywood News

女優のアンジェリーナ・ジョリーが、ディズニー映画『マレフィセント』(原題、2013年全米公開予定)で「眠れる森の美女」に登場する悪い魔女のマレフィセント役を演じることが決まった。

「眠れる森の美女」に登場するマレフィセントはオーロラ姫に呪いをかけて眠らせてしまうという魔女。今作はその魔女であるマレフィセント側から描いた実写版ディズニー映画である。アンジェリーナは“美女”のオーロラ姫ではなく、主役のマレフィセントを演じる。

アンジェリーナはドイツで開かれた「第62回ベルリン国際映画祭」で、「私は2年間も演じていないわ。次はディズニー映画ね」とコメントした。

アンジェリーナのようにかなり良いイメージのある女優がディズニーの悪役を演じるのは初めてではなく、「白雪姫」の実写版『スノーホワイト』(6月15日日本公開)でシャーリーズ・セロンが『ミラー・ミラー』(原題:Mirror Mirror、3月30日全米公開)でジュリア・ロバーツが悪い女王を演じている。

オーロラ姫が登場するかはまだ分からないが、アンジェリーナのような“美女”が悪い魔女を演じるとなると、“美女”であるオーロラ姫役を探すのは大変そうである。

文:馬場 かんな

PICKUPオススメ情報(PR)